スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

よきパートーナーになりたい。

この頃、ブログで、飼い主の責任うんぬん・・・と書いている私ですが、
自分はどんな飼い主だったかと言うと、
まったくもって、「よい飼い主だった」とは言えないのであって、
今さらながら後悔していることがたくさんあります。

坊っちゃんとの出会いは、
それこそ、突然で、
19年前の夏の夜更け、
酔った父親からかかった電話。

「今から、客を連れて帰る!」

・・・十数分後に、
我が家にやって来たお客さんが坊っちゃんだった・・・。

パピー

家族みんな、予想もしないことで、
ケージを用意するとかの子犬を迎える準備があるはずもなく、
共働きの両親、社会人になりたての兄、高校生の私、
それぞれ、忙しく、
子犬の社会化やら、シツケやらの知識もなく、
な~んも考えずに、全て適当で、
ただ、遊んで、散歩をして、ご飯をたべさせて。

私は夏休みだったけど、文化祭とか体育祭の準備なんかで忙しくて、
無謀なことに、
自転車の前カゴに乗せて、学校へ連れて行ったりもした。
犬好きだった男子に「子犬のうちにこんな風にしてたら落ち着きのない犬になる」
と言われても、だからといって、どうしたらいいのかもわからず、考えようともせず
「犬の育て方」のような本を読むことも思いつかず、
ただ、行き当たりばったりに時は過ぎ・・・。

いっさい1~2歳

お座り、お手、待て、なんかは、いちおう教えたつもりでいたけれど、
それもご飯の前と、オヤツの時だけで、
今思えば、たいして意味のないことだった。
迷子札をつけることもせず、
積極的に犬の友達をつくろうともせず、
犬の習性について考えてみることもなかった。
庭で放し飼いにするのが一番いいだろうくらいに思っていて、
家の中で飼うことなんて思いもしなかった。

いつの間にか私も大人になって、
家族はみんなあいかわらず忙しくて、
平日の坊っちゃんは毎日留守番で、
とにかく散歩を欠かさない事だけは鉄則だったけれど、
その他はあまりかまってやれない時もあった。

散歩は朝は父の担当で、夕方は私>母>父、
状況によって変動したし、
「うーの散歩はすみました。ご飯はまだです。お願いします。」
などという置手紙がされることも多々あった。

20代の頃の私は数ヶ月単位で家を空けることもあった。

それでも、それなりに心が通い合っているような気もしていたし、
人間にはたいそうフレンドリーな坊っちゃんは、
ご近所の人気者にもなっていて、飼い主一家は
「それなりにいい犬に育った」と、それなりに満足してた。

12さい12歳

14歳で肛門周囲腺腫を患ったけれど、
まだまだ老犬だなんて思いもしなかったし、
冬には玄関で寝るようになっていたけれど、
これといって老い支度をしてやることもなかった。

16さい16歳

16歳で、本当に老いが目に見えるようになって、
それで、やっと、坊っちゃんは家の中に入って、
ご隠居生活をおくれるようになった。
それから2年、手探りの介護生活が続いたけれど、
それも、もしかしたら、飼い主の自己満足だったのかもしれないと、思ったりする。

振り返ってみれば、
まったくもって、いいかげんな飼い主(一家)であったことは疑いようもなく。
今さらながら、後悔することは山盛りなのである。

犬の殺処分の問題などを知り、
いろいろなニュースを読んだり、たくさんの方のブログを読んだりするうちに、
自分の犬に対する知識のなさに唖然とする思いの今日この頃。

犬の習性や、カーミングシグナルや、その他もろもろ。
本当に知らないことだらけで、
もしも、少しでも、こういうことを知っていたら
あの頃、坊っちゃんが何が言いたかったか、わかったのかもしれない。

13さい13歳

坊っちゃんなりに懸命に
飼い主に伝えようとしていたことがあっただろうし、
飼い主が知らなかっただけで、
もっともっと、坊っちゃんは賢かったんだろうと、
もっと、もっと、
坊っちゃんと通じ合うことが出来ただろうと、思う。

次に犬と暮らせるのはいつ頃になるのかわからないけど、
その時に間に合うように、
今までよりも、少しはましな、
よきパートナーとなれるように、勉強しておきたいと思う。

↑のようなことを思いつつ、
今日、大きな本屋さんに行ったら、
犬関連の本が、もう、ほんとうにたくさんあって(@@)
とりあえず、3冊買いました。
何を買ったかは、読んでから^_^






スポンサーサイト
01:13 | つぶやき。 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

パリス症候群て・・・?

パリスヒルトン症候群・・・・
と、呼ばれる現象が
サンフランシスコで起きているそうな・・・。

4

パリスヒルトン症候群・・・?
何を連想されます?

動物関連のこととは、連想しにくいですが、
それが、まさか、あなた!

そー、それ、ちょっと昔の、あれ、
パリスと言えば、チワワ・・・・。

サンフランシスコの動物センターに、
チワワの持込が急増しているしている事に対して、
そのチワワブームの発端が、パリスであろうということで、
動物センターのスタッフが、そう呼んでいるんだそうです。

詳しくは↓でご覧下さいませ。
「止まらぬ米国の「捨てチワワ」パリスヒルトン症候群って何だ?」
(Livedoorニュース)


1

はひふへほ・・・・。

どうこう言ったらキリがないので・・・・以下、割愛。

日本の現状はどうだったかな、と思って

07'/04~08'・03の集計(AERA 2008/12/8号より)を見てみると、

雑種(不明を含む) 7,885
柴犬 701
ミニチュアダックス 481
シーズー 380
ラブラドールレトリバー203
ゴールデンレトリバー175
ビーグル170
マルチーズ152
土佐犬145
チワワ142
ヨークシャーテリア135
コーギー130
秋田犬121
プードル109

某消費者金融のCMで人気を博したチワワは、
もっと上位かと思うと、そうでもナイ・・・。

Mixに続くのが、柴犬というのは・・・意外・・・、
ダックスやシーズーは明らかに、
「流行ってるなぁ。」という時期があったけど・・・。

3

柴犬は、性格はそれぞれで、気の強いコやら、
そうでもないのやらいるかもしれないけど、
体の大きさの割りに運動量を必要とする犬種らしいので、
「飼ってみたら意外に手に負えなかった」という飼い主が多いのか。

それから、
土佐犬や秋田犬が上位に入っているのは、なんででしょう?
一般的に「飼いたい」って人は少ない気がするんだけど、
和犬だから、もとからの国内での個体数が多かったから?

それにしても、柴犬も含む和犬は天然記念物に指定されてるのに、
行政で処分されるの、矛盾のような気がするのですが。

施設に持ち込んだ飼い主には、
文化財保護法違反
五年以下の懲役若しくは禁錮又は三十万円以下の罰金
ぜひとも適用してほしい。

5

上の数字は政令都市、関東地方の各都県、
近畿の二府二県、愛知県の集計なのですが、
犬の殺処分数は、
年間10万匹とも言われてるのに対して、
上の数字では少なすぎのようなので、
実態は不明・・・。


とにかく、「わぁ、かわいい!」と、手を出す前に・・・、

消費者金融のCMじゃないけど、

「飼える自分を想像しよう・・・・!」

そして、

「飼われる身になって想像しよう!」2
そんなCM出来るといいなぁ。


迷子札も必ずつけましょうね。
『自治体保護犬猫情報ブログ』 

↓↓↓こちら↓↓↓も、よろしくおねがいします。
『見ました!「動物の遺棄・虐待は犯罪です!」ポスター』
見ました!「動物遺棄・虐待は犯罪です!」ポスター
※各地域でのポスターの広がりがチェックできます。





00:22 | つぶやき。 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

知ることは大事。

「隔週木曜日は捨て犬の日」(AERA 4/13号) 、読みました?

なんとも言えない読後感・・・。

1

昨今の動物を取り巻く問題に多少関心のある方は、
すでにご存知の事柄でも、

自治体による犬猫の定点回収、
衝動買いを煽るペットショップ、
問題だらけの移動販売、
などなど、

世の大多数の「知らない人」にとっては、びっくりする内容だろうね。

「ふ~ん、そんなこともあるのか~。」と、
軽く読み流せる内容でもないし、

こんな現実からは目を背けていたい人だっているだろう。

2

行政が認めてるんだから、と定点回収へ命を捨てにいく人。

終生飼養の覚悟もな子犬を求めてくペットショップへ足を運ぶ人。

移動販売のファンシーな広告を見てウキウキと出かける家族連れ。


罪の意識があるのかないのか?

「捨てる場合」には、ある人とない人といるだろうけど、

「買う場合」には、罪の意識なんてあるわけないよね。

3

捨てる理由にも、いろいろあったけど、
「子供が欲しがったけど、飽きたから。」ってさ、

昔々のドラマによくあった、
子供が犬を拾ってきて「飼いたい・・・」と言い、
母親が「うちでは面倒見切れないから、元の場所に捨ててきなさい!」と言う光景。

見てる方は、「そんなこと言わずに飼ってやればいいのに・・・」と思ったけど、
上のような「飽きたから」っていう親から考えると、
「うちでは飼えない!」と言う親の方がある意味、まっとう?
とにかく「飼うのは大変」って、わかってるわけだもんね。

どっちにしろ、捨てないでほしいんだけど・・・。


4

とにかく、
ここのところ、ニュース番組でも飼い主の無責任さにフォーカスした特集があったり、
今回のようにメジャー誌で特集が組まれたり、
環境省が「動物の遺棄・虐待は犯罪です」という啓発ポスターを作ったりと、
徐々に徐々に、世の風潮が変わっていく兆し・・・と言うか、
土台というか、そういうものが生まれつつあるような気がしますです。

そうそう!
嬉しいことに!!
私の地元の保健所でも
「迷い犬」のページと「負傷猫情報」のページと「飼い主募集」のページが!!!
出来たんです!
出来たんです!!
出来たんですぅ~!!!

保健所や自治体での飼い主募集って、
それによって、「捨ててもいいわ」って思うヤカラが増えるかも?
なんて心配もしてしてたんですが、

「飼い主募集犬」として公表されることによって、
元飼い主は、自分が捨てたことを公表されるわけでもあるから、
考えようによっては抑止効果もあるかもしれない。

やむにやまれぬ事情で手放された犬が
処分を免れる機会を得られる場合もあるわけで、
ボランティア任せだった譲渡活動も
自治体が協力的だと処分の減少率は高くなると思う。

5

私だって、動物の殺処分問題について、
ほとんど無知だったんだけど、
「知る」ことによって、
ちょっと市役所に電話してみるとか、
環境省にメールしてみるとか、
AERAにメールしてみるとか、
そうやって「反響」することが出来るようになったのだし、
いろんな意味で、
現状を「知らせる」機会が増えるのは、
悪いことじゃないと思う。

悪気なくペットショップに行っちゃう人や
「不要犬引き取り」に行っちゃう人の中にも
「知れば変わる人」だっているかもしれないもんね。 アマい?

今日も何が言いたいのかわかんなくなっちゃった。汗





00:22 | つぶやき。 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ファーストドッグと駅長ねこ。

ちょっと古い話題ですが、

オバマさんちのファーストドッグが決まったそうですね。

ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ・・・

ねえねえ
また、珍しい犬種に決まったもんだね。

娘さんにアレルギーがあるので、毛の抜けにくい犬種を選んだってことだそうですが、
勝手ながら、普通の(?)ミックス犬が選ばれることを期待してたの。

シェルターから探すって事には変わりないらしいので、
ぜひぜひシェルターから迎えてほしい。
そして、
「オバマ大統領、シェルターからファーストドッグを迎える」と、
大々的に報道して、
日本でも、保健所やボランティアのシェルターから保護犬を譲り受けられることを
もっとたくさんの人に知ってもらうのに、
一役買ってくれるといいね。

ね。
ふむふむ


先日放送の、
夢の扉-NEXT DOOR-
『ペットの安全を確保して行きたい』/アーロン・レイズ

もう少し、日本の現状も見られるかと思ってたのですが、
ほぼSEAACAの密着でしたね。
すごいなぁ~と思ったのは、
飼い主の留守中でも、敷地内に侵入する権限と
飼い犬を保護できる権限があること。
違法な行為をしているペットショップの従業員を逮捕出来ること。

それでも、ロスの現状はまだ発展途上で、
殺処分はなくなってない。

だから、「夢の扉」を開けるためにがんばってるのであって
やっぱり、そこへたどり着く道のりは一朝一夕ではナイ。

でもサンフランシスコでは、保護動物の譲渡率は100%だったりするから
望みがないでもナイ。

日本でも、自治体によって殺処分減少への取り組みはまちまち。
でも、さらに処分数を減らす方向へ進んではいますからね。
望みがないではナイ。

うんうん。
な~に

それからNHK教育テレビの「ひとりと一匹たち 多摩川・河川敷の物語」・・・。

内容が重過ぎて、感想書き出したらきりがなさそう。
番組の焦点は、きっと、あくまでホームレスの方々にあてられているので、
河川敷に暮らす方々の事をさしおいて、
猫の遺棄に関して感想を言うのも、はばかられる気がして。


・・・・・・。

そんな心持ちでいる時に、目にしたニュースが・・・
「たま駅長」の「たま電車」ニュースで・・・

(たま駅長は和歌山電鉄貴志川駅の駅長猫。)
(母のミーコ(助役)は元野良ちゃん。)

「たま電車」の制作に全国から1000万の寄付が集まったって言うんだからねぇ~。

「たま駅長」見たさに全国から人が集まるって言うんだからねぇ~。
ほえ~
多摩川へ行けばいいのに。





01:47 | つぶやき。 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

アニマル・ポリス。続き

昨日の続き・・・。

私がダメな飼い主一家だったなぁ・・・と思うのは、
犬の生体について「無知」だったということ。
犬を取り巻く環境について、「知ろう」としていなかったということ。


たとえば、先日、リンク先の「モジーノ家のひねもす犬生活」で、
もじ子さんが訴えてらっしゃった不妊や去勢の必要性についても、
数年前までは、飼育するに当たって不便だから(発情期・ヒート)だと思っていましたし、
その後も、病気を防ぐためにするのだと思っていて、
繁殖の連鎖を断つためにも必要性があると知ったのは一年以内のことです。


白状すると、犬のワクチンの存在も数年前まで知りませんでした。
(若いワンコをお飼いの方には信じられないかもしれませんが・・・。)
知っていたのは、狂犬病予防とフィラリア予防とノミダニ予防だけです。
(ワクチン類の必要性については・・・
  要・不要、諸説ありますが・・・今回はこの話題は置いといて~。)

坊っちゃんは14歳で肛門周囲腺腫瘍の手術を受けているというのに、
それ以降の高齢犬のかかりやすい病気を、当時は調べもしませんでした。

18年も犬を飼ってても、
我が家の犬に問題がなければ(あるいは問題がないと思い込んでいると)、
これほど無知で過ごせるわけです。
世の中には、うちのように無知な飼い主が少なからずいると思います。

狂犬病の注射を受ける際に、去勢や不妊の啓発をしてもらっていたら、
坊っちゃんの肛門周囲腺腫瘍も防げただろうかと思います。

いや、飼い主の意識が低かったのは事実なんだけど、

手術時は、すでに14歳と高齢だったので、
去勢を病院から勧められることもなかったのですが、
(もしかして、雑種だから?と、今になってみると、そんな風に思ったりもするのですが、 )
獣医さんも、高齢犬の飼育について、
飼い主にもっと自覚を持たせるべきだったんじゃないの~。




こういった去勢・不妊や飼育に関する啓発も自治体によって差があるみたいで、
京都府は、かなり遅れているようです。
今でも、殺処分の減少に取り組んでいるとは言うものの、
「体裁を整えているだけ」といった印象で「力を入れて取り組んでいる」とは思えない。

動物愛護法が改正されても、それぞれの取り組みについては自治体任せになっていて、
国から地方行政への強い指導がない、法を取り仕切る機関がないと言うのが現状のようです。


アニマルポリスのような機関があればいい、と思う理由のひとつは、
アニマルポリスがいれば、こういうお世話係一家のような、
「無知な飼い主」を減らせるのでは?と思うことです。

うちのように、偶然から犬を飼うに至ったとしても、
「アニマルポリスがいるから、ちゃんと考えて飼わないと。」と思い、
自発的にいろいろ調べるだろうし、

ペットショップから購入しようとする際にも、
「アニマルポリスがいるから、適当には飼えないしな。」と、
安易な購入を防ぎ、無知な飼い主を増やさない効果があるのでは、と思うのです。


ああ、、、また支離滅裂になってきた、、、。 

アニマルポリスがあれば・・・と思う理由は、もっとたくさんあるのですが~、
きっと、犬(猫、愛護動物)思いの飼い主様の数だけ、その理由もあるのだと思います。






ほわほわん '07・08・03

 一年前のほわほわ坊っちゃん。

まるいの
今日は、メモリアル・デイだったのに、
そのこと、お話する時間がなくなっちゃって、ごめんにょ・・・。









03:23 | つぶやき。 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。