2008年 03月
02 | 2008/03 | 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

いぼいぼ坊っちゃん。

坊っちゃん、ご老体のわりに、顔は若く見えるのですが、
あっぷ




「こんばんわん!」


体は年相応?に、体重も減少しつつあり~、

加えて、ご老体らしく体中のあっちこっちにイボも出来てます。

老犬に出来やすいって聞く「脂肪腫」とはちょっと違って、
「乳頭腫」といわれるものらしい。

脂肪腫が皮下に出来る脂肪の塊としたら、
坊っちゃんのは体の外側にある「イボ」って感じ。
(背中に出来ている「肛門周囲腺腫瘍」とも違います。)

右側の腰あたり
右側


3つあります。
3つ


右の前足。
右の前足


頭にも。
あたま


左あし。
左手


プチプチプチ。
両手


乳頭腫・・・ネットで調べると、
良性のはれもの(腫瘍)。
いぼ状のもの、表面は平らなもの、凹凸のあるもの、ビロード状のものなどがあり、
形はまちまちです。
ウイルスの感染によって起こるもの、その他の原因によるものがある。

あるいは、

皮膚や粘膜を作る扁平上皮の良性増殖したもので、
通常はピンク色でカリフラワー状に盛り上がった病変となる。 など・・・。

犬では2つのタイプがあるらしく、

幼犬にみられる多発型は、
ウイルス感染によるもので、
頭部、眼瞼、肢端、口腔に発生する。自然退縮するものが多い。

老犬にみられる単発型は、
頭部、眼瞼、肢端、生殖器に発生し、
非ウイルス性である。切除すれば治癒する。


切除する必要があるのは出血や感染、またはその他、何らかの問題が起こっている場合。
通常、治療をしなくても自然に退縮する。(ウィルス性の場合かな)


体重は減っていくというのに、いらないものは増えていく・・・。
あり過ぎて正確に数えきれないけど、ざっと見ても大小あわせて30くらいはあるかな。
現在も増殖中のようす。

病院でも「心配ないですよ~。」「こういうのが100個くらい出来てるワンちゃんもいますから~。」
と言われてるけど、
他のワンちゃんでも、こんなにたくさん出来てるのかな?

Dr.須崎の本に、「脂肪腫」については
「老犬は年を取るとともに排泄不良を起こしやすくなっているので、
手作り食に変えることで脂肪腫は出来にくくなる。」とか、
「脂肪腫は、ドッグフードから手作り食に切り替えると消えるケースもある。」等、書かれているけど、
坊っちゃんは「脂肪腫」は、あんまりないのよね。
「乳頭腫」の場合は、デトックスでは解消されないのかしらね?

イボはあっても、今日も元気です。
わわん2




わんわんわん!

このところ、なかなかゲップが出せずにイライラする坊っちゃん。
「ゲフーッ」と出せたらおとなしくなったりします。(ならない時もあるけどね・・・。)
-----------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ






スポンサーサイト
04:07 | 老犬お世話のいろいろ。 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

(ほぼ)寝たきり坊っちゃんのオチッコ。

なんてことは、ないのですが・・・。
坊っちゃんの「オチッコ・プレイス」の紹介・・・。

昨年の秋までは、庭や外でオチッコしていましたが、
11月末頃に歩けなくなり、オチッコの体勢もとりづらくなり、
寒くもなって来たので、お風呂場でオチッコさせるようになりました。

まだ歩けたり、自分で排尿する事の出来る老犬の場合は、
外ションから室内ションへの移行は難しい場合もあると思うけど、
坊っちゃんの場合、歩けない上に、自力での排尿も出来ないので、
室内ションへの移行に問題はナッシング。

起きて、吠えたり、落ち着かなさそうにしていたら、
抱いていって、立たせて、膀胱を圧迫してオチッコを絞ります。

こんな感じです。
お風呂1
ここでもバスマットが活躍。

足の滑り防止と、体が崩れたときの緩衝にもなります。
オチッコが飛び出しても洗えるし。(バスマットなので当たり前)

立たせる時は、「オチッコするで~! がんばってよ~!」と声をかけて、
上半身を抱えた状態から、
右の後ろ足、左の後ろ足、右の前足、左の前足~と、
順番に位置を決めて足をついていきます。

坊っちゃんは左の前足に力が入らないので、
そこだけバスマットを切ったものを重ねています。
お風呂2

少しの段差があるだけで、バランスがとりやすくなったりします。

体のバランスが取れたら、よろけないうちに、すかさずオチッコを絞ります。
体勢が崩れそうになったら、いったん抱き上げて、一休みして、
また足を置いて体勢を整えて、絞ります。

オチッコが膀胱に残っていると、菌が繁殖しやすくなって膀胱炎の原因になるそうです。

かといって、あんまりギュウギュウ抑えるのも怖いので、
その辺りの加減は、お世話係の判断ですが。

お風呂椅子は前方への転倒防止と、
アゴを乗せたら楽かな?と思ってるのですが、たまにしか乗せてくれず。

あ、たまに椅子が濡れてると、ピチャピチャと舐めてる事があります。

オチッコ出来たら「がんばった~! えらいな~っ!!」となでなで、ほめほめ。

昨年の秋から冬にかけて、頻尿~、膀胱炎~と騒いでいて、
1ヶ月前くらいまで、一日平均8回くらいはオチッコしていたのですが、
胃拡張を起こして以来、なぜかオチッコの回数が減って、今は一日平均4~5回。
しかも、量も減って、
落ち着かないからオチッコかな?と、つれて行ってもチョロリとしかでない時もあり。

水分摂取量は変わっていないはずやけど・・・。
膀胱炎が治まっているからか、
気温が上がって、体が冷えなくなったとか・・・答えは謎やけど。
人間でも冬場の方がトイレ近いしね・・・。
一日の総量としては、少なすぎるって事はないと思うので、心配はないと思うんやけど。

今日も立ちションできました~。
すっきり坊




「がむばってるよ!」

すっきりしましたか~♪

-----------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

18:14 | 老犬お世話のいろいろ。 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今日も山羊乳。

今日も山羊乳のんでます。
やぎちち1





山羊乳・・・


気に入って頂けましたか?
やぎちち2




おいちいよ♪


はい! ごちそうさま!
やぎちち3




もうないよ・・・。


山羊乳・・・国産品は少ないですよね。
中国産は論外ですが、アメリカ産もどうなのかな~?
需要が増えて、山羊牧場が増えてくれるといいんだけど~。

好き嫌いもほとんどなく、なんでも食べる坊っちゃんですが、
昔から、特に食いつきがいいのは、お肉(特に牛肉が一番好き)、チーズ、お刺身など。

冬場なんか、たまにご飯にバターを絡めたりしていたので、
そんな時はお皿を舐めて舐めてピッカピカ。
やっぱり動物性脂肪が含まれているものが好きなのね~。
(ワンコはみんなそうだろうけど。)

散歩中に草を食べる事もあったから、
それなりに「体に必要なもの」を本能的にわかるんですね。

子犬の頃から、スナック菓子なんかは食べさせた事がなかったので、
成犬の頃にもスナック菓子は、やっても食べなかったのに、
(食べ物として認識してなかったのか?)

今では、口元に出されると、スナック菓子だろうが、薬だろうが、なんだろうが、
「食べられるもの」は、食べてしまう坊っちゃんです。

でも、タオルやお世話係の指に噛りついたりはしないのが不思議なところ、
いちおう、匂いで判断してるのか? でも「薬」も躊躇なく飲み込んでしまうのは不思議よ。

カメラ目線


坊っちゃんからも
ごあいさつ。

『いつも応援ありがとん♪』

なかなか、ゲップがでませんよ~。
-----------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ


02:56 | 日々のこと。 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

回復傾向♪

おとついから、お腹がゆるくなっていた坊っちゃん。
実は、けっこう下していたんです。

昨日の昼から、野菜の裏ごしやお豆腐なども少しずつ食べて、
「強力わかもと」のおかげもあるのか、
昨夜11時頃に出たうん様は、けっこう固まっていました♪

午前4時~、ゴネゴネ1





起きてゴネる元気もあります。


ひざに乗ってます。
わわん1




わんわんわわん。


お腹を下した原因はなんだったか~? 
かわったものは食べてないはずなんやけど。
う~ん。これと言って思い当たらない・・・。

この間の胃拡張の事もあるからねぇ・・。
回復するまでは、なるべく胃腸に負担をかけないようにと、
ご飯をかなり減らして様子をみました。

でも、若い頃なら、一日くらい食べなくても心配しなかったけど、
体力の低下も著しいご老体ゆえ、食べさせないのもかなり心配。

ご飯を減らしている間は水分補給と栄養補給のために、
いつも飲んでいる「ルイボスティー」の他に
「ヤギミルク」と「うどんつゆ」なんかも飲ませました。

「ヤギミルク」の事は、
リンク先、もじ子さんの「モジーノ家のひねもす犬生活」で知ったのですが
(ありがとん!)、
牛乳より栄養価が高くて、消化吸収もしやすいと言う事なので、
胃腸に負担をかけずに栄養を摂りたい時には心強い味方。
先代犬のマッコィくんも、ご愛飲でした。
普段は牛乳でもお腹を下さない坊っちゃんですが、
ヤギミルクは牛乳よりも更にお腹を下しにくいという事なので、安心かな。


今までは粉のままご飯に混ぜたりしていたけど、
今回はお湯で溶いて飲ませてみました。
けっこう溶けにくかったけど、溶いてるうちに、すご~く甘いよい匂いがしてきて、
お世話係も飲んでみたくなりました。・・・味見はしなかったけど、舐めても甘いのかしら?

あと、「うどんつゆ」は、人間用に鰹節で出汁をとったやつで、しょう油も入ってるけど、
もし体が脱水気味になってるとしたら、
ただの水より多少塩分がある方が体に浸透しやすいらしいので。
(うちは関西なので、うどんつゆもかな~り薄味、しょう油も少ししか入ってませ~ん。)
(それか、ポカリとかのスポーツドリンクとかでもよいそうです。)


今日の午前も野菜裏ごしと豆腐でしたが、
今夜から少しずつ固形の物も増やしていこうかな。

Dr.須崎の本(愛犬のための症状・目的別栄養辞典)に
「廃用萎縮」と言う言葉がありました。
「使われない機能は衰えていく」という意味だそうで、
消化機能も使わなければ衰えていくと言う事なので、
あまり心配しすぎて柔らかい物ばかり与え続けるのもよくないそうです。

「廃用萎縮」は、筋力その他、体の機能の全てにおいて考えられることだそうなので、

マッサージやストレッチ、適度なリハビリなんかで、
少しでも刺激を与えるのがいいようです。

細った体を見ると、立たせたりするのも怖い気がして
「リハビリは、もう無理かな・・・」とも思ったりしたのですが、少しずつやっています。
すやすや

ストレッチ、リハビリ、
立ちション、
無理ない程度に。

疲れたらゆっくり寝てくらはい。


今日も、朝、昼と2回の立ちションに成功した坊っちゃんです♪
-----------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
16:34 | 老犬お世話のいろいろ。 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ほっそり。

しばらく前からですが、
左の前足が「おいで、おいで。」になってしまう坊っちゃん。

おいで1




寝てても上がったまま。

ストレッチで伸ばしてはみるものの~、
一時は伸びても、またすぐ「おいで、おいで」になってしまうのよね~。

布団をかぶってるとわからないけど、
ボディが、かなりスレンダーになって~、

スレンダー1




ほっそり~。


家の体重計では正確に計れないけど、9キロ切ってるんかもね~。

スレンダー2




腰骨の辺りが特にね~。



顔を見てると、そうでもないのになぁ。 
うとうと2


昨日から、うん様がちょっとゆるかったので、
ご飯を控えめ、と言うか、いつもの1/3くらいで様子をみています。

サプリは休んで、「強力わかもと」のみ飲みました。

「強力わかもと」
---効能・効果---
胃もたれ、食欲不振、消化不良、消化不良による胃部・腹部膨満感、食べ過ぎ、胸つかえ、消化促進
整腸(便通を整える)、軟便、便秘、腹部膨満感
滋養強壮、虚弱体質、肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

うとうと1




お腹が減るのか、
寝つきが悪い。
・・・いつもか。


早く治して、しっかり食べようねん~。

-----------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ


04:57 | 日々のこと。 | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑

お鼻が。

いっしょうけんめいスープを飲む坊ちゃん。
ごくごく1

ご飯を器から食べることは出来ないけど、水は上手に飲んでくれます。
ごくごく2

でも、鼻を突っ込むので、ブクブクしたり、たまにブルブルッと首を振って、
撒き散らしたり、油断してると器ごとひっくり返される事もあるので要注意。

それと、やっぱり空気も飲み込んでしまうので、ゲップがちゃんと出てるかも要確認。

お肉や野菜を煮た煮汁をスープとしてそのまま飲ませています。
(ご飯がべちゃべちゃしていると食べにくいので)

ご飯は、お芋類をマッシュして、その他のものをみじん切りにして混ぜています。
ちょっと柔らかめのポテトサラダのような感じ。

手で丸めて口元へ持っていくと上手に食べています。

食後~、ひざの上でくつろぎ中~。
上から

どんな顔をしてるかと、撮ってみると~、
前から

おりょ~! お鼻が!

左から
左から

右から
右から




く、苦しくないのん?

このまま、じーっとしてました・・・。

ひざに抱いてると顔が見えないのよね・・・。 鏡でも持ってこようかな。


ふにふに

可愛い顔を、たくさん見とこう。
-----------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

05:11 | 日々のこと。 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

踏みとどまるには・・・。

胃拡張で緊急処置を受けてから1週間ほどは
寝る時間が長くなっていた坊っちゃんでしたが、
ここしばらくで、睡眠サイクルは元に戻りつつあり、
夜はうとうとしては起き、うとうとしては起き・・・で、
比較的長く寝てくれるのは朝の7~8時くらいから昼過ぎ頃。

昨日は
15:20 起きて、オチッコしようとするものの、立てず・・・。
    ご飯
16:00 うとうと
17:10 うん様
18:45 オチッコ 立てず
19:30 うとうと
21:00 ご飯
21:45 うとうと
23:00 オチッコ 途中でへたる
23:30 ご機嫌悪し、オヤツ(チーズ)
    うとうとしては起き~
3:00 オチッコ 立てず
    うとうとしては起き~
ごねごね1




 ごねごね・・・・。


ごねごね2




興奮度加速。

ごねごね3




きょろきょろ。


ごねごね4




もちろん吠えて

ごねごね5



目をむいて・・・。

見てるのもつらいけど、しんどいのは坊っちゃんやもんなぁ。

5:00 うん様が出て・・・
    落ち着くかと思っても、
ふきげん1




ご機嫌なおらず。


5:50 うとうと~
7:00 起きる~ ごねごね・・・
7:45 オチッコ 立てず
    わんわんわんわん
9:00 うとうと~

っと、久しぶりに一晩中ゴネていた。

お腹がまた張ってるのかい~? と心配したけど、そうでもないし。
うん様が出せずに苦しかったのか? と思っても、その後も、なかなか寝てくれないし。
寝たと思ったら起きるし・・・。

甘えてるのか? とも思うけど、
この間の事があるから「どこか痛いんじゃ?」「苦しいんじゃ?」と気になってしまう。

声は元気やのに、足は~、特に左の前足が~・・・・・。
すっかり肉が落ちて、「伸ばせない」「力が入れられない」
(肉がないから力の入れようがない)

せっかく、リハビリがんばってたのになぁ~。
坊っちゃんの立ち姿、もう拝めないかなぁ~。

寝たきりに(今までも「ほぼ寝たきり」ではあったけど)になってしまうと
体全体の筋肉がどんどん衰えて、血行も悪くなるし、
うん様を出す力さえも失せてしまう・・・。

自然の流れに逆らうことは、出来ないけど~、

悪あがき? でも、もう少しでも、ここで留まっていたいのよ~。

というわけで、今日のご飯は

カツオのタタキど~ん。
かつお1





小さくちぎって食べました。

その他・・・さつま芋・かぼちゃ・大根・イワシ

Dr.須崎の「愛犬のための 症状・目的別栄養辞典」によると、
カツオには
「たんぱく質・ビタミンD・ビタミンB1・ビタミンB12・ナイアシン・鉄・カリウム・DHA・EPA」
が含まれていて
「疲労回復・スタミナ強化・血行促進・動脈硬化予防・骨や歯の強化・貧血予防・改善」
に効果があるそうです。


夕方から、ちょっとリハビリもしてみたりして、
なんとか、2回は立ちション成功~!

無理をさせてるのか、どうなのか、わからないけど、

坊っちゃんが、「寝たままションは嫌だ~」と、
むーん

言ってる気がするので・・・
もうすこ~し、あとすこ~し、 踏みとどまれるよう、手伝いを・・・。
-----------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ



05:05 | 日々のこと。 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

生命力。

リンク先「PHOTO BLOG」のリキちゃんが、お空に駆けていった。
衰弱から数ヶ月、ご家族の愛情と介護のもとで、回復をみせてくれていて、
まだまだこれから元気を取り戻してくれるんだろうと思っていたのに。
でも、リキちゃんは、家族の愛情にこたえて、
精一杯の命を生きて、寿命をまっとうしたんだと思う。

犬の・・・、人間や植物も含めた、生き物の寿命・・・って、
生きる過程で決まるのか、何かによって左右されるのだろうか。
環境・・・、アクシデント・・・、
しばらく前から、「もって生まれた生命力」と言うのが大きいような気がしている。

お世話係は、正直に言うと、
坊っちゃんに「一日でも長く・・・。」とは、望んではいません。
いや、もちろん、一日でも長く傍にいられるのなら、
いたいのは言うまでもないのやけど、
お世話係の思う「一日でも長く」が、
坊っちゃんにとっての「寿命」と同じではないだろうと、思っている。

犬にとっての「寿命」

「歩けなくなった」「自分で食べられなくなった」そうなった時点で、
野生では生きてはいかれない。
人間の管理下に置くことで、「長らえさせている命」だ、
という認識がお世話係にはあります。

それでも、坊っちゃんは、オチッコがしたい、寝心地が悪いと言っては鳴き、
「うん様が出たから片付けて」と鳴いて知らせ、
全てに助けがいる状態でも、口元へ運べば、水を飲み、食べ物を食べ、
「生きる」事を続けようとしている。

いつか、いつの日か、
それは「寿命」といわれるかもしれない日、
「命が尽きる時」が来たら、
坊っちゃんは「食べること」を求めないようになるのかもしれない、
それまで、どうか、穏やかに、過ごしたい。

たとえば、先日のように、飼い主の不注意による急性疾患なんかで、
坊っちゃんの「生命力」を手折る事がないように、
それに、最も恐れているのは、興奮状態で鳴き続けたまま、
逝かせてしまうことがないように、

自然に「命」を、まっとう出来るように・・・。

そうやって、坊っちゃんが「生命力」を使い切ってくれるなら、
お世話係は、坊っちゃんに「それ以上、一日でも長く・・・。」とは、
望めないと思っています。

-----------------------------------------------------------------------------

お世話係は、坊っちゃんの丈夫だったのをいい事に、
「犬の生態」などについて、無知のままで来てしまって、
ペットフードの危険性や、犬の生体販売の問題なども
数月前に知ったような事ばかりで、
安価なドッグフードが犬の健康を害する事や、
金儲け目当ての心無い繁殖がある事、日も当たらない狭いゲージで、糞尿にまみれて
散歩に連れ出される事も無く、ただ繁殖を繰り返させられる犬がいると言う事は、
想像もしなかった。
そんな状況で生まれ、母犬と過ごすべき期間さえも与えられずに、
ペットショップで売られている子犬達が、どれほどの生命力を持ち得るだろうか。
「小さいほうが売れる」という理由で、小さい犬同士を安易にかけ合せて、
さらに小さく作られた犬の生命力は、やはり弱いと、先日の新聞にも書かれていた。
坊をみていて、「命」というものについて、
今までには思い至らなかった事を、いろいろと考える。

-----------------------------------------------------------------------------

お世話係は、最近になって、やっとこんな事を思うようになったけど、
保健所や繁殖所からのレスキューや、里親募集の活動、
それに、レスキューされた命の里親になられている方々もたくさんいらっしゃって、
本当に自分は無知だったなぁと、感じています。

-----------------------------------------------------------------------------

横




坊っちゃん、よく食べ、よく出して。


後姿でも筋肉の衰えは否めず・・・


うすめ




本日、立ちション成功率50%


-----------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ






23:45 | 日々のこと。 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ブログお引越し。

ブログ、お引越ししました~♪

いっつも見てくださってる皆さま、励ましコメをくださる皆さま、ありがとうございます♪

これからも、坊っちゃんをよろしくお願いします♪

はだか2
久しぶりの裸ん坊っちゃん。
昔の写真と比べると、ずいぶん肉が落ちたね~。

天気がよい時は窓をあけて~。
はだか3
リフレッシュ! リフレッシュ!

気持ちよいかな?
はだか1

まぁ、抱いて庭に出たりしても、これといって反応はしませんが・・・。



そうそう、坊っちゃんに「狂犬病予防注射」の知らせが来ました。

はがき


お知らせのハガキでは、坊っちゃんの生年月日は「1990/06/01」となっています。

うちに来たのが、たしか7月だったとお世話係は記憶してるけど、

その辺りの事が、家族それぞれ、記憶があやふや。

うちに来た頃には歩いていたし、生後1ヶ月くらいだろうって事で、

誕生日を6月1日で届出たんだろうね。

18歳まで、あと2ヶ月と少し。

どうか、穏やかに過ごせますように・・・。

-----------------------------------------------------------------------------

Woonderland~坊っちゃんは17歳。」へのリンクはサイドにあります。

-----------------------------------------------------------------------------


17:18 | あいさつ。 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。