スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

高齢犬が伝えること。

さて、この子は誰でしょう?
8
ご近所の「ななちゃん」です。


なんと、今年で18歳の高レイディーです。
1
いわゆる「豆柴」と言われる小さめの柴犬です。

坊っちゃんよりひとつ年下(たぶん)。
昔からのお馴染みさんです。

もう、この辺りでは最古参のご長寿さん。

愛想なしです。(昔っからです。)
3

坊っちゃんはななちゃんに興味があるのに、
ななちゃんは、坊っちゃんに興味がなかったようで・・・・、
若い頃からあんまり相手にしてくれませんでした。

それでも、坊っちゃんが歩けなくなってからも、
抱いてななちゃんに会いに行ってました。
ななちゃんは、愛想なしでしたが(笑)
坊っちゃんには、それなりに刺激になっていたようです。

今では、犬禁断症状が出る私の相手をしてくれます。

愛想なしの君が笑った~♪です。
6


ななちゃんは寒い日は家の中にいますが、
天気がいい日は外にいます。

状況に応じて壁の中に入ったりもします。
2
写真ではわかりにくいけど、
玄関の横の壁に穴(?)が開いていて、
ななちゃんは自在に出入りします。
消火用のバケツ(赤いの)に、
いつもきれいな水が満々に入っていて、
この時も飲んでました。


ななちゃんにはしっぽがありません。
4

飼い主さんのお話では

「なんか若い子が飼うてたらしいんやけど、
面倒ようみいひんかったから、
かまってもらえんで、ストレスで自分で齧ったらしいわ。」

どういう経緯でおばさんちに来たのだったか・・・、
ペットショップに返されたところを引き受けたんだったか、
知り合いの伝で引き受けたんだったか、
ちょっと忘れてしまいましたが・・・。

ななちゃんは、そんな過去のトラウマがあってか、
昔っから愛想なしなんですが、
かといって、人嫌いなわけではなく、
ちゃんとツボを心得てマッサージなどすると、
お尻をすりよせて、
「ここのあたり・・・」
「そうそう、その辺・・・」と触らせてくれます。

7
むっちりボディーのトランジスタ・グラマーだったななちゃんも、
ここのところ、少しスマートになってきました。
それでも、今でも、
長年のテリトリーたる私鉄線路の高架下の歩道を
植え込みのゴミ拾いをされながら歩くおばさんと一緒に、
てくてく、くんくんとチェックしながら、
しっかり歩いています。

5

だんだん歩けなくなっていく坊っちゃんと、
よちよち歩きで散歩をしていた頃、
歩けなくなって抱っこをして歩いていた頃、
いろんな人に声をかけてもらいました。

犬は人間より早く年を取る。

犬を飼いたいな、と思う人、思う子供、
ななちゃんや、
坊っちゃんを見て、
何か感じてくれたかな。
何か考えてくれたかな。





スポンサーサイト

01:30 | 日々のこと。 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
知ることは大事。 | top | 隔週木曜日は捨て犬の日?

comments

#
人間より年をとるスピードが早いワンコと暮らすこと、暮らしていなくてもその姿を間直に見ることで、子供達には優しさを養って欲しいですね。
REON&うららママさん | 2009/04/08 07:40 | URL [編集] | page top↑
#
愛想ナシの君が笑った~。
そんな単純なこと・・・・、


それ好き^^


クールな面と、
合理主義というか、
「なでてくれるなら、存分にやって頂戴」
という姿勢と、
そのギャップがたまらないですよね~^^

ななちゃん、豊満なボディが魅力的~^^
坊ちゃんの刺激にもなるはすよね^^
もりりさん | 2009/04/08 10:40 | URL [編集] | page top↑
# 確かに・・・
私の小さな頃は一軒家が多くて下校時間には必ず外飼いのワンコと触れ合える機会がありました。だから仲良しのワンコたんがだんだん歳をとっていく姿も見れたのですが。。。
今の子供達はマンションが増えて外飼いの子も減ってしまったからペットショップでぬいぐるみのようなちっちゃな子犬しか見れませんものね。今の子供が無責任に「可愛いから欲しい」と言うのは責められないのかもしれません。
でもだからこそ大人がしっかりとワンちゃんの一生をみる…と言うことの責任の重さを教えなければならないのに。。。

知り合いのお宅も「娘が絶対可愛がると言うから・・」と11年前に犬を飼いました。でも今や娘がその子に話かけるどころか視線すら合わせません。構って欲しくて「ワンワン」言うと視線も合わせず「うるさいっ!」と言って部屋を出ます。そのお宅がまた子犬を飼いました。奥様曰く「娘が可愛いと言うから・・・」。
捨てないだけいいのかもしれませんが、お宅を訪れる度に辛い気持ちになります。
でも自称「犬好き」の多くはこんな人々なのかもしれませんね。

私は小さな頃はずっと賃貸で犬を飼えなかったから外にいる子とばかり触れ合っていました。そのとき多かったのが雑種か柴犬。だから今でも柴が入った雑種の子が可愛くって♪
ななちゃん、愛想がなくてもとっても可愛いわぁ♪
18歳でもアンヨが出来るなんて凄いっ!元気な長寿犬を目指して頑張って欲しいな。
ななちゃんには悲しいトラウマがあるけど今は幸せなのよね。素敵な飼い主さんと出会えて本当に良かった☆
ブログのお友達の花子ちゃんも今18歳で歩くことが難しくなっているけど、寝たきりにしないように色々飼い主さんが工夫して頑張っています。
そんな子達のお話を子供達が見てくれると正しい動物との暮らしを考えてくれるかもしれませんね。
エル姉さん | 2009/04/08 11:17 | URL [編集] | page top↑
#
昨日、ブログのお散歩をしていたら、「俺もやるぜっ!なビーグルちょび」のちょびちゃんが、虹の橋を渡りました。
公園のお散歩のお友達も、「飼えなくなったから、病気だから、高齢だから・・って、捨てる人の気持ちがわからない。 自分のところの犬が、どんな老後を送ることになるんだろう?って、考えることが多く、用意をしなくちゃねって、思うよ」と話をしていました。

いつかは、老いがやってくるもの。歩けなくなるのか、徘徊が始まるのか、吠えが続くのか・・・なが~いお付き合いになるから、ちゃんと考えなくちゃね。
なびこさん | 2009/04/08 16:37 | URL [編集] | page top↑
# ♪ REON&うららママさん ♪
消費者金融のCMじゃないですけど、
「計画性を持って・・・」というか、
「先のことを想像しよう」というところでしょうか。
しつけや散歩の大変さ老後の面倒みられるのか、
ある程度の見通しをもってほしいですよね。
シヨコさん | 2009/04/09 01:06 | URL [編集] | page top↑
# ♪ もりりさん ♪
うふふ。
ななちゃんは、お腹を見せて甘えるタイプではなく、
なんというか、「猫的魔性の犬」?
ツンデレ?
友人の評価はいまいちでもシー・ソー・キュート♪なのよん。
シヨコさん | 2009/04/09 01:06 | URL [編集] | page top↑
# ♪ エル姉さん ♪
わお・・・↓↓↓。
なんで、また、新しいコを飼っちゃうの・・・。
かわいいだけの存在じゃなくて、
生き物なんだから、飼うのは大変なこともあるっていうこと、
一度飼っているのに、わからないの・・・。
エル姉さん、せめて母親さんを洗脳して、
先住犬をかわいがってもらえるようになりませんか。

私も柴交じりの雑種には、ことの他愛着がありますよん。
ななちゃんを見ていると、
あるていど足が短い方がアンヨが続くのかもなどと思ったりします。笑
シヨコさん | 2009/04/09 01:07 | URL [編集] | page top↑
# ♪ なびこさん ♪
ちょびさん、そうなのですね。
執事さんのブログ、私も拝見してました。
ちょびさんはまだまだ記録更新してくれると思ってました・・・。
合掌・・・。

なびこさんやねねちゃんのように、
わんこぐるみで地域のお付き合いがあると、
それこそ、「老いたから捨てる」なんて人も出てこないだろうし、
老後の相談なんかもできたりして、
飼い主もワンコも心強いかもしれませんね!
シヨコさん | 2009/04/09 01:08 | URL [編集] | page top↑
#
その人、私のクライアントの奥様でね、かつ以前犬関係の仕事をしていた人なんです。
奥様自身は先住犬のことを「目に入れても痛くないくらい可愛い」…と言って高い洋服やフードを与えています。だからネグレクトではないんです。説明不足ですいません。
でも娘が冷たくしようと、犬が構って欲しくて吠えていようと吠えさせたまま。吠えるようになってしまった犬はもう親に任せて自分は新しいぬいぐるみのような仔犬を買う。。。そういう人間がこれから大人になるのは恐ろしいと思うし、そもそも愛し方が違うと思ったので訪問する度にやんわりと話をしてみたのですが「自分はプロだから」…と言う意識が強くて全く聞く耳を持ってくれませんでした。(涙)
それから動物愛護法改正の請願署名やブリーダー崩壊の際の嘆願書署名などもお願いをしたんだけど、その度に「他人の子のことは考えなくていい。自分の子さえ幸せならいい」と言われました。
これでも本人は自分を「誰よりも動物好き」と思い込んでいるんですよ。
これって価値観の相違なのでしょうか?
納得いかないことも多いのですが、遺棄やネグレクトをしていない限りこれ以上は価値観を押し付けられませんでした。

残念ながら私のクライアントとその奥様は別居することになり、これからは仕事で頻繁に会う機会はなくなります。
ただ犬を遺棄する人間のことは大きな声で批判していたから新しい子も先住犬も最悪のことにはならないと思います。
でも犬にとっての幸せは綺麗なお洋服や高いフードではない…と思うんですよね。

力及ばずで何も出来なかった私が言うのもおこがましいのですが、自称「動物好き」の人種はいつ「仕方なかった」と言って遺棄する人間になるか分からないと思っています。
シヨコさんが仰るように少しずつでも洗脳していかないとダメですよね。
機会を作って先住犬の様子も聞きながらお話してみますね。
エル姉さん | 2009/04/09 11:21 | URL [編集] | page top↑
# ♪ エル姉さん ♪
ごめんなさい、私も、余計なこと言ってしまって~。

奥様が可愛がられていると聞いてほっとしました。
(どんな可愛がり方にせよ、)
ネグレクトでないのなら、エル姉さんも、あまり気になさらないで下さいね。
「うちの子さえよければいい」って言うのは、
人間の場合にも(モンスター・ペアレント?)多々あることですよね・・・・。
よその家庭の中のこと、気になってもなかなか言えないこともありますし、
言っても通じない事もあります。

うちの父も、
最近では、躾することで飼い主とコミュニケーションを取れるようになる方が
犬にとっては良いことだと考えてくれるようになりましたが、
昔は「エサでつって躾けたりすると犬が卑しくなる」的な考えの持ち主でした。
そんな風に「動物好き」でも、考え方は千差万別・・・・なのですよね。

「犬にとっての幸せは、綺麗なお洋服や高いフードじゃない」
まったく同感!!です。
シヨコさん | 2009/04/10 00:39 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://woonderland.blog47.fc2.com/tb.php/108-2b3ca4ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。