スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

犬語の話し方を知りたい。

京都市で犬の鑑札と狂犬病予防注射済証のデザインが変わったらしい。

こんなの
kansatsu
うう~ん。

まぁ、小さくはなったし、前のより、ましと言えばまし。だけど。

まぁ、犬鑑札は、つけやすいものになったら、迷子札代わりになるし、
いいかとも思うけど、
迷子札のほうが、飼い主にすぐに連絡取れるから、
迷子対策としては、迷子札をつける習慣の方が効果的だろうなぁ。

注射済票はねぇ、どうなんでしょう。
注射済票のデザインうんたらの前に、
狂犬病予防法の改善を考えてほしい。

狂犬病の予防接種・・・イギリス・オーストラリア(←島国)では廃止、
アメリカでは3年に1回・・・なのに、
日本では毎年? なんで?
アジアではまだ狂犬病が根絶してないとも聞くけど、
狂犬病って、犬だけがかかるんじゃないとも聞くのに、
なんで犬にだけ?とか、疑問が次々わいてくるわけですよ。

原価は数百円とも聞く予防ワクチン、
京都市の予防注射の費用は ¥3,300、
(注射料 ¥2,650 /注射済票交付手数料 ¥650)
う~ん。どなた方がお儲けになってるの?とか、思っちゃうわけですよ。


さてさて、

今、読んでるのは、

『犬語の話し方/スタンレー・コレン』(文春文庫)
book
 翻訳本なのになぜか表紙は和犬

犬の鳴き方について書かれてる項に、
<長く続く吠え声で、あいだに長めの休みをおいてはまた吠え続ける>
吠え声は
「ウォッフ--休み--ウォッフ--休み--ウォッフ--休み」
といった感じである。
「だれかいないかな。ぼくはひとりだ、仲間がほしい」の意味だ。

という箇所があって、

これが、坊っちゃんが14歳の冬にやっていた鳴き方と同じなんです。

14歳の夏に肛門周囲腺腫瘍の手術をした坊っちゃん、
1 2

その後に耳が聞こえなくなったんです。
(いつから聞こえない、と確実にわかりませんが、気がついたら聞こえていなかった。)
(年齢によるものなのか、手術の影響かも不明)

3

で、その年の冬、夜になると玄関へ入れて寝かせていたのですが、
耳が聞こえなくて、人の気配を感じにくくなってたのか、
夜な夜な
低い声で「ウォッフ・・・ウォッフ・・・」とやっていた頃があって、
5
傍へ行って撫でると静かになって、
私が頭の下に手を入れてやると、
その手に頭を、ぐ~っと押し付けて、
いかにも「行かないで~」と言ってるようだったの。
4
鳴き方からして、「いかにもさみしそう」ではあったけど、
そうかぁ、やっぱりさみしかったんだねぇ。

元気な鳴き声の例も、
だいたい想像と同じ場合もあるけど、
意外なのもあったりして。

あとね、ため息をつくのは
「あきらめ」を表す場合のほかに、
「満足してるとき」や
「気分がいい」「ここでしばらくゆっくりしよう」の場合もあるとかも、
おもしろい。

ぎっちり書いてあるので、なかなか先へ進みませんですけど、
電車の中とかでも夢中で読んでおります。

本の内容とは関係ないけど、
本って、ハードカバーより文庫本の方が便利じゃないですか?
持ち歩きやすいし、寝ながらも読みやすいし、
本棚で場所とらないし。失敗しても後悔少ないし。
だからね~、ハードカバーの新刊が出るときとか、
文庫化されないハードカバー本とか、
「ハードカバー料金でいいから、文庫本サイズを同時発売して~!」
と、いつも思う。

あ、もちろん、文庫本価格で発売してくれるなら、それに越したことはないけど。





スポンサーサイト

01:05 | 日々のこと。 | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑
原題と邦題 | top | よきパートーナーになりたい。

comments

#
シヨコ.さん

お久しぶりです。
お元気そうで
よかったです。

坊っちゃんもお久しぶり!!

面白そうな本ですね。

さっそく注文します!

これからまた遊びに来ますね。
シナモンさん | 2009/04/18 13:51 | URL [編集] | page top↑
#
私も読みました。
もう一つ、「犬も平気でうそをつく」と「犬の行動 定説はうそだらけ」という本。 結構、おもしろいです。

カーミングシグナルをずいぶん前にショコさんのところで見てから、いろいろと調べたり、読んだり。面白いですよね。
ねねのお散歩でも、ぶるぶるしたら、「今は、気分を変えている」とか、片足を上げている時は「緊張している」など、結構楽しんでいますよ~
相手の犬の行動なども知ることができると、こちらの対応がしやすかったり。 すべてが当てはまるかはわからないけれど。

本は、高いですよね。 著者には失礼かもしれないけれど。 私は、どちらかといえば、持っていたい方なので、図書館で借りるとか しないから。 文庫本がいいなぁ~
なびこさん | 2009/04/18 22:09 | URL [編集] | page top↑
#
そうだ、書き忘れ!

狂犬病予防接種の金額

西東京市は 3000円 と 手数料 500円です。

合計すれば、変わらない?
でも、詳細が違うよね~
とにかく 3500円前後とりたいのかしら

狂犬病の詳しいことはよくわからないけれど、先日お友達と話をしていて、誤って噛んでしまったとき「予防接種をしてますから」ということは、言えるよねと。
飼い主の少しの抵抗かしら?
あとは??

なびこさん | 2009/04/19 09:02 | URL [編集] | page top↑
# ♪ シナモンさん ♪
お久しぶりです! いかがお過ごしですか?

本、けっこうおもしろいですよ。
同じ著者の本が何冊か出ていたので、どれにしようか迷っちゃった(@@)

ブログ、とびとびでしか更新できないのですが、
また、たまに覗いてくださいね~。^^
シヨコさん | 2009/04/20 00:58 | URL [編集] | page top↑
# ♪ なびこさん ♪
「犬も平気でうそをつく」も・・・買いました~。笑
ぎっちり書いてあるので、なかなか先へ進まないの~。
本、面白そうなのがけっこうありますね~、目移りしてしまう。
4階建ての本屋で上がったり、下がったりうろうろして、
「君と一緒に・・・」は、ちょっとお預けしてしまいました。

私も、持ってたい派で、気に入ると何度も何度も読み返すので、
なおさら文庫本サイズがいいの~。

狂犬病の注射、料金の面も必要性の面も謎が多いです。

ワクチンは3年は有効、とも聞くし、
それに実際のところ、注射受けていないコもたくさんいるみたいだし。
毎年打つ必要はないと思うのですよね。
体への副作用とか、実際のところはわからないけど、
3年に1度くらいにしてほしいです。
シヨコさん | 2009/04/20 00:59 | URL [編集] | page top↑
#
犬語、かぁ・・・。

ロキオは何を言ってたんだろうなあ。。。

犬は平気でうそをつく、と言う本も
タイトルからして、
面白そう^^

私も今度の旅行は長いから、
向こうでじっくり読もうかな^^
もりりさん | 2009/04/20 15:56 | URL [編集] | page top↑
# ♪ もりりさん ♪
犬語、けっこうおもしろいです。
今までが知らなさ過ぎというのもあるけど。

寝転がって地面にスリスリするのは
「すべてに満足で幸せな気分だ」とかも知らなかったし、

ため息も「満足」や「気分がいい」だったりするっていうのは、ロキオさんのため息も「満足のため息」だったのか~、とか思いながら読んでます。

ミステリーみたいに、読み出したら止まらない!ってことはないから、
旅行のお供にはいいかも?
シヨコさん | 2009/04/21 00:34 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://woonderland.blog47.fc2.com/tb.php/112-4bb4e7ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。