スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

原題と邦題

今読んでる

book
『犬語の話し方』(スタンレー・コレン)

これの原題は
『How to Speak Dog』で、
そのまま『犬語の話し方』で、
普通なんだけど、

同じ著者の本で次に読もうと思ってる
『犬も平気でうそをつく?』の原題は、
『How Dogs Think』で、
直訳の『犬はどう考えるか?』から考えると
『犬も平気でうそをつく?』っていうのは、
かなりの改訳だな~と思ってると、

さらに著者の本の原題と邦題は

原題: 『Hhy Does My Dog Act That Way?』
(直訳すると、 「私の犬はなぜそのように行動するのか?」)が、
邦題: 『理想の犬の育て方』になっていたり

原題: 『The Intelligence of Dogs』(「犬の知性」)が、
邦題: 『デキのいい犬、わるい犬 -あなたの犬の偏差値は?』になっていたりと、
けっこう笑える。

読者の気を引くために?
うけそうな邦題を考えてるんだとは思うけど、
ちょっと、どうなの?と思ってしまう。笑

2

『Why We Love the Dogs We DO:
How to Find The Dog That Matchis Your Personality』


『相性のいい犬、わるい犬―失敗しない犬選びのコツ』と、
わりとそのままっぽい感じだけど、
ちょっとなんか俗っぽくなりすぎじゃないですか?

1

それはさておき、
なかなか、読み進まない本の中身ですが、
やっぱり、今までが知らなさ過ぎただけに、
新しい発見がけっこうあります。

ボディランゲージにもいろいろあるけど、

寝転がって地面に背中をスリスリするのが
「すべてに満足で、幸せな気分だ」っていう、
楽しいことが起こった後の儀式っていうのもおもしろい。
単に『楽しい』だけじゃなくて、
『満足だ~♪』『幸せだ~♪』って、
感じてるんだな~と思えると、
スリスリする姿を見てるこっちまで、
さらに幸せな気分になれそう~。


3

そういえば、人間の子供でも、
なんか嬉しすぎたりすると寝転がってクネクネしたりしますよね。
(たまに大人も。)



スポンサーサイト

00:14 | 日々のこと。 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
一目瞭然? | top | 犬語の話し方を知りたい。

comments

#
禁止ワードにいつも引っ掛かってしまうのですけど・・・
REON&うららママさん | 2009/04/21 07:59 | URL [編集] | page top↑
# 私も・・・
禁止ワードに引っ掛かっていつもコメントできない・・・

映画や、翻訳本の原題は私も気になります。
最近はうまい!って言うのが減りましたね。
"the bridge on the river Kwai"を『戦場にかける橋』なんて素晴らしいですよね!
もじ子さん | 2009/04/21 12:31 | URL [編集] | page top↑
# 確か・・・
この著作者の本を買ったことあるんだけど、訳文が読み辛くて進まなかったような覚えがあります(汗)

wooちゃん、お耳が聞こえなくなっていたんですねぇ(涙)
でもシヨコさんに傍にいてもらえて幸せな気持ちだったと思います♪
本にある通りの鳴き方だったって凄いですっ!
探してもう一回チャレンジしてみようかな?

狂犬病の予防接種は法律で義務付けられているから仕方なくしています。でもそもそも狂犬病は日本にはないんじゃ・・・って言いかけると犬嫌いの人の猛攻撃を受けるんですよね。それにそもそも犬よりもっと罹患しやすい動物がいるんじゃ・・・なんて言おうものなら「法律違反だ」って怒られるし。。。
でも本当に毎年必要なのかきちんと検証してもらいたいです。エルの獣医さんも「義務だから仕方ない仕方ない」って毎回つぶやきながら注射しています。
絶対に儲けているところがあると思うな。
そんなことで無駄にワンコの体にリスクを負わしたくないからいつかは改正して欲しい法律のひとつです。

ため息はエルもよくつくんだけど。。。完全に悪い意味の表現かと思っていました(汗)

邦題が納得いかないのって映画もそうですよね(笑)
ヒット祈願もいいけれど原作者は納得しているのかなぁ?
エル姉さん | 2009/04/21 14:45 | URL [編集] | page top↑
#
すりすり、もう~いつもねねがしています!
顔を見ると、やっぱり、満足だ~、幸せだ~って感じです。 
カーミングシグナルって、そのときだけ見ているとわからないけれど、ずーっとつながっていて、連動してみていると 今の気持はこうなのねって。

「犬語~」の本も「~うそをつく」もすべて読んでいるわけではなく(ちょっと読みにくくって・・) ペラペラって見ながら、「これそうだよ!」ってところを抜いてみています。読んだうちにはいないんじゃない~って、言われそう!

英題と邦題って、どうやったらつくんだろう???って思うことたくさん。 特に 歌なんて、何これ?ってのが結構あります。

一番下の坊っちゃん、若いね! 2~3歳のころのころ?もっと下? 上の2枚は、落ち着いてきたのかな? どしって感じです。 どれも、かわいいけどね!
なびこさん | 2009/04/21 16:23 | URL [編集] | page top↑
#
♪ REON&うららママさん ♪
ごめんなさい!
迷惑コメントの防止にと、http を禁止ワードにしたところ、
全てのコメントがはねられる結果になっていたようです・・・(涙)

設定を変えましたので、もう大丈夫だと思うのですが・・・。
せっかくコメントしていただいていたのに、ほんとうにごめんなさいね。m(_ _)m

♪ もじ子さん ♪
ごめんなさい~!
先日、なびこさんに「コメントできない~」とメールをもらって、
それで禁止ワードの設定をやめました。
せっかくコメントしてくれたのに、
時間、無駄にしちゃってごめんなさい!

私の記憶に残っている、と言うか、
15歳くらいで、初めて「英語って美しい」と思ったのが、
『Gone With the Wind』 ~風とともに去りぬ~だったなぁ。
訳としては、そのままなんだけど。

近年だと、
『Of Mice and Men』が、「二十日鼠と人間」って、
そのまんま過ぎ・・・映画の内容と結びつかなくてなんとなく印象に残ってる。
あ、もう10年ほど前の映画かも?近年でもないか。汗

♪ エル姉さん ♪
確かに~、訳文、読みづらいところがあります~。
なるべく飛ばさないようにと思いつつも、ところどころ、飛ばし読みです。笑

耳がね、いつから聞こえなくなってたのか・・・、
父親は「手術の麻酔のせい」とか言うのですが、
実際確かめようがないのが辛いところでした。

狂犬病の予防接種、いろんな意見がありますよね~。
廃止・・・とまではいかなくても3年に1度くらいにしてくれるといいなと思うのですが、
それで儲けている人達がいるのだとすれば、
なかなか改善には至らないのかもしれないですね。

ため息もつく状況によって、何を表すか違うんですね。
エルちゃんはどんなため息ついてるのかな~。
「お腹いっぱい、遊んで満足~」とかかもしれないですね♪

♪ なびこさん ♪
そうそう!ねねちゃんのスリスリはほんと楽しそうですよん♪

あの本、私もところどころ飛ばして読んじゃってます。笑

ねねちゃんの尻尾、あの本のイラストと同じだから、
解説もわかりやすいですよね。
坊っちゃんの場合、巻き尾だったから、
あてはめにくいところがあったりします。

写真はね、実は、上の2枚が6~7歳で、
下のは8歳くらいなんですよん。
シヨコさん | 2009/04/22 01:04 | URL [編集] | page top↑
# 再び!
ショコ.さんのお返事読んで、そういえば『12人の怒れる男』もそのまま”12 angry men”だったな、と思ってwiki見てみたら・・・なんと、この映画の監督はアカデミー賞ノミネートされながらもを『戦場にかける橋』がライバルで受賞逃したんだって!
すごい時代だったんだ・・・と感動してしまった。
って、私の映画の趣味暗いでしょ(^ ^;)

ショコ.さん犬の研究してるんだぁ~♪
もじ子さん | 2009/04/22 11:49 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは。
ワンコも嘘をつく・・・読みましたよ~
でも実は私も少し読み辛かったんです(~_~;)
ワンコの言葉(動作から読み取る?)が完璧に理解出来たらどんなに良いか、と思います(*v.v)


REONよりうららの方が「すりすり~」ってしていることが多いのは、やっぱりREONは我慢が多いからかなぁ。そしてうららはやりたい放題だから「すべてに満足で、幸せな気分だ」なんでしょうねぇ(@_@;)
REON&うららママさん | 2009/04/22 16:58 | URL [編集] | page top↑
#
♪ もじ子さん ♪
時代的に「このことを伝えたい!」って言うテーマがしっかりしてたんだろうなぁ。
今の「何がウケるか~?」みたいな、興行的な映画とは重さが違う・・・。

私『My life as a Dog』という映画が好きだったんだけど、
友達に「なんか暗い・・・」と言われた覚えあり。笑

犬のこと、あまりに知らないことが多かったなぁと思って、
ちょっと勉強?しとこうかな~っと。
研究してるなんて、とても言えないんだけど~。汗

♪ REON&うららママさん ♪
訳文の上に、1ページにぎっちり文字が詰まってますもんね~。
私も、読みながら寝てることあります。笑

知らなかったことがいっぱいで、目からうろこが落ちる思い・・・。
特に、犬同士の順位に関するボディランゲージとか、おもしろいですよね。

あの本だと、中型犬以上のことを書いてある感じだから、
小型犬の例が少ないのが残念ですね。

REONくんは、うららちゃんを「守ってる」ような意識があるのかな?
うららちゃんは・・・守られてるから安心してくつろいでるのか、
自分が優位だと思って満足してるのか・・・? どっちでしょうね?^^
シヨコさん | 2009/04/23 01:00 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://woonderland.blog47.fc2.com/tb.php/113-7d12da8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。