スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

検査値だけじゃなく~。

坊っちゃん、点滴をやめてから夜の寝つきが悪くなった...( ̄⊥ ̄lll)

「点滴すると眠くなるから。」と獣医の先生は言ってたけど、関係あるのかな?

食べる量が増えてるから、消化に時間がかかって、

胃腸が動くのに不快感があるとか?

夜中、1時頃と3時半に「うん様」を出し(一回でふんばりきれないのかもね。)

明るくなるまで、うとうとしてはヒヨヒヨ、うとうとしてはヒヨヒヨ・・・。

「寝る」にも体力がいるから、点滴をやめて胃腸からの栄養があんまり吸収できてないのかも?

朝から昼までは、よく寝てくれて、

昼にごはんを食べて、うとうと、ヒヨヒヨ・・・。

寝ている顔はいたってのん気。
すぴぴ~

雨も上がって気持ちよす。
あめあがり



さて、最近の坊っちゃんの血液検査の変化をまとめてみました。

3月8日 急性疾患(胃拡張)処置後
測定項目測定値判定正常値高値の場合低値の場合
BUN
(尿素窒素)
25-7~27腎疾患・脱水
尿路閉塞・心不全
肝不全・利尿
クレアチニン1.0-0.5~1.8腎不全筋肉の減少・妊娠
ALT(GPT)59-10~100肝炎・中毒
急性膵炎
CA
(カルシウム)
10.3-7.9~12腎不全・骨腫瘍
VD過剰症
高蛋白血症
上皮小体機能亢進
低アルブミン血症
腎不全
上皮小体機能低下
リン4.5-2.5~6.8腎不全・食事性
VD過剰症
上皮小体機能低下
骨吸収
上皮小体機能亢進
糖尿病・腫瘍
食事性
K
(カリウム)
2.93.5~5.8 排尿障害・乏尿・無尿
アジソン病・腎不全
副腎機能低下
ショック・溶血
腎不全(多尿)
激しい嘔吐
下痢・薬物

3月には↑のように、ほぼ正常値内だったものが、
今回の嘔吐が数日続いた後には↓のように、かなりの異常値になっていました。

5月10日 連続嘔吐後
測定項目測定値判定正常値高値の場合低値の場合
BUN
(尿素窒素)
707~27腎疾患・脱水
尿路閉塞・心不全
肝不全・利尿
クレアチニン2.20.5~1.8腎不全筋肉の減少・妊娠
ALT(GPT)11810~100肝炎・中毒
急性膵炎
CA
(カルシウム)
12.77.9~12腎不全・骨腫瘍
VD過剰症
高蛋白血症
上皮小体機能亢進
低アルブミン血症
腎不全
上皮小体機能低下
リン8.12.5~6.8腎不全・食事性
VD過剰症
上皮小体機能低下
骨吸収
上皮小体機能亢進
糖尿病・腫瘍
食事性
K
(カリウム)
2.73.5~5.8 排尿障害・乏尿・無尿
アジソン病・腎不全
副腎機能低下
ショック・溶血
腎不全(多尿)
激しい嘔吐
下痢・薬物


年齢も年齢だし、改善するのだろうか~? と思っていましたが、
数日の間、静脈点滴と皮下点滴を続けた後には、ほぼ正常に戻っていて、
お世話係も獣医の先生もびっくりの改善具合でした。

5月19日 通院後
測定項目測定値判定正常値高値の場合低値の場合
BUN
(尿素窒素)
21-7~27腎疾患・脱水
尿路閉塞・心不全
肝不全・利尿
クレアチニン0.7-0.5~1.8腎不全筋肉の減少・妊娠
ALT(GPT)10310~100肝炎・中毒
急性膵炎
CA
(カルシウム)
9.4-7.9~12腎不全・骨腫瘍
VD過剰症
高蛋白血症
上皮小体機能亢進
低アルブミン血症
腎不全
上皮小体機能低下
リン4.1-2.5~6.8腎不全・食事性
VD過剰症
上皮小体機能低下
骨吸収
上皮小体機能亢進
糖尿病・腫瘍
食事性
K
(カリウム)
3.6-3.5~5.8 排尿障害・乏尿・無尿
アジソン病・腎不全
副腎機能低下
ショック・溶血
腎不全(多尿)
激しい嘔吐
下痢・薬物


でも、これ、考えようによっては、
「点滴のおかげ」で、正常値を保っている・・・と言う考え方もあるのですよね・・・。


食事による栄養摂取で、この値が保てるのか、どうなのか? と思ったり。

う~ん、でも、検査値が全てじゃない・・・と言うか、
高値、低値や、持病があっても、元気なワンコもいるんだし・・・。


何かあって、病院へ行くと、
とにかく検査をしない事には処置の方向が決められないと言われたり、
経過をみるにも、
検査値を見ないとどれくらい改善しているかわからない、と言われたりして、
それもそうだし・・・と、検査をし・・・、

検査の結果をを見て、値に変化があれば、飼い主にもわかりやすいし、
検査値が改善していれば安心するはする、と言うものの、
何と言うか~ね~、あまりに「検査」「検査」と言われると、
「検査値以外に何かしら判断する基準はないのんか?」とか、思ってしまう。
「獣医としての経験から言えるような事はないのんか?」と・・・。

そりゃ、高齢犬の診察って、あまりしないのかもしれないし、
ものを言わない動物の事だから、
見た目だけで判断出来ないという事はわかるんやけど、
高齢犬ゆえに、血液検査値以外のいろんな要素を含めての診立てをしてほしい・・・とか。
望み過ぎ?



にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
♪ Life of Each Senior Dog & Ranking ♪
    老犬・高齢犬ブログランキング

♪  Thank you for your clicking  ♪
♪♪ 応援ありがとうございますっ ♪♪


スポンサーサイト

18:40 | 老犬お世話のいろいろ。 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
迷走~動物病院が決まらない~。 | top | ラブリー♪

comments

# 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
さん | 2013/05/21 15:32 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://woonderland.blog47.fc2.com/tb.php/51-556c1230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。