スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

交錯。

皮下点滴を中断してから、寝つきの悪いのが復活していた坊っちゃん。
昨夜もなかなか寝つかず、うとうとしてはモゾモゾ・・・ヒヨヒヨ・・・していると、
2:40頃、首を上に持ち上げて、なんだか苦しそうだな・・・と思っていたら、
グボッ、グボッっと、胃からこみ上げてきました・・・。
ご飯の量が少ないので、「吐く」までいかず、
口の中に上がって来るにとどまったようで、
出てきたものは、そのまま飲み込んでしまいました。

その後は、落ち着いたようで
3時半頃から、うとうとして寝てくれたのですが、
朝は、なかなか起きず、様子をみいみいしていましたが、
昼になっても起きず、起きてからも食欲がないようで、
固形物には口をあけず、
ミルクよりも水だけの方がいいようで、
その水の飲み方も、昨日よりだいぶ飲みにくそうな様子・・・。

昨夜の夜ご飯までは、上手に飲んでいて、
食欲もあって、ちゃんと食べていたのに・・・。
体調が戻ったかと思って、ご飯に鶏肉を混ぜたのがいけなかったか?
(かなり細かくしたのですが)

夕方になっても、しんどそうなので、このまま食べられないといけないと、
皮下点滴を受けに行こうと思い、
また思い切って、違う病院へ行ってみました。
そっちで、診てもらって、特別な事を言われないようだったら、
今までの病院に戻ろう・・・とも考えながら・・・。

で、行ってみた病院・・・・・結果は、玉砕・・・。

獣医さんは数人いらっしゃるようでしたが、
診てもらったのは若い先生。
坊っちゃんの顔を見て挨拶しようとはしてくれません。
緊張させるからなるべく犬に触らない・・・と言う見方もありますが、
優しい気持ちで「どうしたの?」と思ってくれているかどうかは、
獣医の態度を傍でみていればわかります。
これまでの経緯を話して、「セカンドオピニオンを求めたい。」と言ってみたものの、
言われることは「血液検査やエコーで調べてみないとわからない。」

だ~か~ら~、血液検査もしてるし、レントゲンも撮って異常はないんだってば!!
(↑最近の血液検査結果のコピーを持参してます。)

「検査しないんだったら、出来るのは、
電解質とビタミンの皮下点滴と吐き気止めとH2ブロッカーの注射ですね。」

だ~か~ら~、最初の病院で、それと同じ処置受けても改善しなかったから
次の病院へ行って、そこで持ち直させてもらったけれど、
さらに「セカンドオピニオン」を求めて来てるんだってば~!!

・・・。

なんでしょうね、やっぱりビジネス的な面から考えると、
フィラリアやノミの予防薬を定期的に買い続けてくれる若いワンコや
病院で処方食を買ったりする飼い主をキープする方が楽に儲かって、
手作り食の高齢犬となると、儲ける部分がないから、
顧客にはなってもらわなくていいって事ですかね?

うがち過ぎ? 

でもね、今回の病院(と言うか、獣医)には
「大変だね! がんばってるね! 治そうね!」と思ってくれてる感じがぜんぜん見えなかった。

この獣医の問題? 病院としての意向? 

なんかね、もう、動物病院も、得意分野を看板に出してほしいよ!!
「予防専門」とか「内科」とか「外科」とかね!
そして「高齢犬・実績あり!」とかね! 
あるいは、いっそ「高齢犬お断り」でもいい!


・・・・・・。

坊っちゃんは~、
帰ってからもずっと寝てます。
寝てると言うより、静かにしてます。
横になって静かにしてるのですが、目を閉じません・・・。

・・・・・・。

いろんな気持ちが、交錯してます。


今日の夕方、病院へ行く前。
ゆうがた1


朝から水を飲んだだけ・・・。
ゆうがた


皮下点滴を受けて帰宅後。
よる





にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
♪ Life of Each Senior Dog & Ranking ♪
    老犬・高齢犬ブログランキング

♪  Thank you for your clicking  ♪
♪♪ 応援ありがとうございますっ ♪♪



スポンサーサイト

02:16 | 病院あれこれ | comments (13) | trackbacks (0) | edit | page top↑
前向きに。 | top | 迷走~動物病院が決まらない~。

comments

#
心配だね・・・・。
坊ちゃん、体を休めるために、
おとなしくしてるんだったらいいけど・・・・。
具合、悪くなりませんように・・・。

獣医さんの問題は、ほんと、まったく同意見!
人間の医者でもそうだけど、
明確に、ちゃんとした本当の専門分野を
きっちり明記して欲しい。
ちゃんと、獣医を選びたいよね。
命を扱ってもらうんだからさ・・・・。
それにしても、この日の昼間の若い医者には
腹が立つわー。
診察云々より、人間の資質の問題だと思う。。。

私も、「ヒトの振り見て我が振りなおせ」だわ・・・。
もりりさん | 2008/05/28 02:59 | URL [編集] | page top↑
#
坊ちゃん、食欲が戻ってくれますように。
ショコさんもお食事とてくださいね。

獣医さんの人間性の問題でしょうね・・・
名前を読んだり優しい言葉をかけるのは当たり前、と言うか自然にしてしまうことだと思うのです。
それが出来ないのは、この獣医さんの資質の問題なのでしょうけれどそれを「良し」としている病院(それぞれの獣医さんの接し方くらい把握しているでしょうから)の問題。
良い獣医さんに1日も早く巡り会えますように。
REON&うららママさん | 2008/05/28 07:38 | URL [編集] | page top↑
# 同じです・・・
私も動物病院を、良い獣医を捜しています。
老犬を診察した獣医って、この世にいるのか?
と思ってしまうくらいです!
「老犬は家で静かに寝かせておけ!」的なことばかり言われるし、治療するなら色々細かい検査が必要と言われる。
その検査で4~5時間も掛かる。
その検査を若い犬は耐えられても、老犬ポーちゃんは耐える事が出来ないと思う。
そんなこともわからないのか?

うーちゃん、がんばって!
頑張ってとしか言えない自分がクヤシイ・・・。
良くなる事、祈っています!

ポーママさん | 2008/05/28 11:42 | URL [編集] | page top↑
# 黙っていられなくて
最近まで 17歳10か月の柴わんこを飼っていたモノです。
歩けないけど 食欲もあって元気だったのに、突然悪くなりました。
今になって思うことがいろいろあります。
口から食べ物を受け付けなくなって、三日目には、大量の血液まじりのモノを吐きました。
多臓器不全と言われました。
脱水症状が激しくて、なおかつ体温が下がってしまいます。
坊ちゃん とにかく、水分補給と保温が必要ではないでしょうか?
シリンジ(注射器)で、誤飲しないように首を上げながらがよいと思います。
ただの水でなく、高栄養の粉末を溶かしたものやコンデンスミルクを薄めたもの、あるいはポカリスエットもよいようです。
何かの参考になればと思いまして…
まやさん | 2008/05/28 21:01 | URL [編集] | page top↑
#
う~ちゃん、心配・心配・心配!
がんばって~

獣医・・・太郎の主治医(4,5軒め)・・・汚い、愛想ない、電話して来い。老犬には基本的には自然が一番。本当に、大丈夫?て感じる人は多いと思う。でも、検査じゃなく症状で判断して、最度低限の投薬で治療。それでも、犬に対する優しさと誠実さは感じてました。(愛想なくても、優しさって感じられるんですよね)儲けなんてほとんど無かったんじゃないかな。そんな獣医もいます。でも、ほとんどが儲け主義かな。
う~ちゃんに良い獣医さんが見つかりますように!

う~ちゃん、がんばれ~がんばれ~がんばって!




たろさん | 2008/05/28 21:31 | URL [編集] | page top↑
#
坊ちゃん、心配です。
病院でも疲れたでしょうに。

私も全く同意見で、動物病院には得意分野を看板にかかげて欲しいです。
実際に自分で老犬を介護したことのある獣医さんは
どれくらいいるのでしょうか?
マニュアル通りにするのではなく、
その子、その子の状態を、きちんと向き合って診て欲しいものです。
毎日多くの患者を見ていると、流れ作業的になってしまうのでしょうか?

我が家も水分補給にポカリスエットをあげています。
そのままだと下痢をしてしまう場合もあるので、水で薄めていますが。

坊ちゃん、少しでも良くなることを祈っています。
そして、シヨコさんは大丈夫ですか?
それがとても心配です。
tomeさん | 2008/05/28 21:56 | URL [編集] | page top↑
#
なんか、ショックですね。 セカンドオピニオンにしろそうでないにしろ 病気のことをもっと知りたい、治したいっていうことで行くのであって、予防接種などは、本来は二の次だと思うのですが。しなければいけない注射ですけれど。違うかな? 聞きたいことが帰ってこない、聞けないって、違いますよね。 お金が第一? 志はそうではなかったのか?って。 お医者さん選びって難しいです。

ねねも避妊手術をしてくれる先生をいろいろと探しています。 今行っている先生は、特に可もなく不可もなく。 でも、麻酔をかけたり、お泊りをすることを考えて・・・です。 夜間診療をしてくれるところなど、緊急のことを考えています。

いいお医者さんが見つかるといいですね。 嫌な言い方ですが、お金儲け主義の先生でなく。

坊っちゃんの容態、心配ですね。
もどしちゃうっていうのが、喉につまらなければいいけど。一回きり? その後は? 落ち着いている? 
なびこさん | 2008/05/28 21:57 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは
獣医さんは本当ピンキリだと思う..
腕のいい獣医さんでも老犬の対応は限界があるのだな、と私は察して、諦めちゃってたな...
病院行くだけでもストレスになってるみたいだったし。
皮下点滴、効果出てますか?合う合わないあるみたいで、うちは合わない感じだったので3回でやめちゃった。
ショコ,さんも倒れないようにね!
もじ子さん | 2008/05/28 23:06 | URL [編集] | page top↑
#
坊ちゃん、点滴を受けた後のお顔は穏やかですね。
点滴さん、ありがとう!!

新規開拓、玉砕ですか・・・。
りょうすけのかかりつけの獣医さんも症状で病状を判断して対処してくれてました。
そして「老衰の子であっても薬で治せるものはちゃんと治療しましょう」と言って
くださいました。

よそ様のブログで拝見した酷い病院の事例。
その方が愛犬(雑種)をとある病院へ連れていったら「なんだ雑種か~」と診て
くれなかったそうです。信じられませんが、本当の話らしいです。
世の中には恐ろしい病院があったものよと思いました。

治療方針にあった病院が見つかることをお祈りします。
りょうすけの姉さん | 2008/05/29 02:02 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは
以前、動物園で獣医をしていたという獣医さんにかかった事があって、私は直接知らないのですが、両親の話ではとても誠実に対応してくれたと言っていました。たまたまかも知れませんが、もしかしたら動物園の獣医さんは、たくさんの子供たちの大切なアイドルを元気にするという強い使命感がある方が結構おられるのではないかと思ったりしました。単なる儲け主義者では責任が重すぎて出来ないような気がします。その先生はお爺ちゃんだったそうで今はもうやめてしまったようですが、シヨコさん&坊っちゃんにも同じような志や愛情のある先生に巡り合って欲しいと思います。シヨコさんが何件か病院を変えられた事がいいかどうか私には判断出来ませんが、もちろん理由があっての事で、信頼出来ると感じられない人に大切な命を任せられないのは当然だと思います。
ぴいさん | 2008/05/29 02:18 | URL [編集] | page top↑
# コメントありがとうございます♪
♪もりりさん♪

こないだの嘔吐の原因としては、「急性腎不全」だったんじゃないか?と言うことで、
今回も、腎機能の低下から吐き気をもよおしてるんじゃないかと言うことなので、
前回と同じ処置で様子をみようって。
持ち直すといいんだけど、なんせ、食べる量が減ってるから、
体重も減少傾向で、体力も低下してるから、
持ち直してからも定期的な点滴がいるようになるかも。

今回の病院、評判はいいんだけど、当たった先生が悪かったのか?
院長とかって、誰かの紹介とかで行かないと診てもらえないのか?
あるいは、袖の下?
受付でも症状と事情を話してるんだから、
もう少しベテランの先生が出てきてもよさそうなものなのにね。


♪REON&うららママさん♪

「食べるとしんどい」って、わかるんですね。
また食べてくれるようになるといいのですが~。
私はいたって元気です!

病院は、この状態で更なる新規開拓はちょっと厳しいので、
前回のところに戻りました。
少々、高いのですが、前回持ち直させてもらっているし、その点では安心です。


♪ポーママさん♪

はじめまして! コメントありがとうございます!
ポーちゃんもがんばっていますね! まだアンヨが出来るなんてすごいです!!
やっぱり、高齢犬の治療って、経験のない獣医さんが多数だと思います。
元気なワンコを顧客にしていれば、ワクチン、フィラリア予防、ノミ駆除薬なんかで
楽に長く稼げますもんね。
子供よりもペットが多いと言われる時代・・・そんな病院が多くても不思議じゃないか・・・。
なんて思ったり。
「動物が好きだから!」って言う獣医さんより「いかに多くの検査と投薬をするか」を
考えてる獣医さんの方が多い気がしています・・・。

うーは、がんばってくれてます! 応援うれしいです♪


♪まやさん♪

はじめまして! コメントありがとうございます♪
17歳10ヶ月! 坊と同じ年ですね! 
・・・。
お辛い時期なのに、コメントありがとうございます。
多臓器不全・・・。坊も、そうなってもおかしくない状況のようです。
心臓が丈夫なようなので、それだけでもっている・・・と言う感じで、
体重も7キロを切りました。
アドバイスありがとうございます!
ポカリの粉末も用意しているのですが、今日は犬用の粉ミルクを薄めて飲ませています。
体温は今のところ38℃~39℃の平熱を保ってくれていますが、
これからも注意するようにします!


♪たろさん♪

心配ありがとうございます。
そうそう、私も一番好きな先生は、おじいさんの先生で、診察料も取らず、
話をよく聞いてくれて、無理なことはせず、自然が一番~って言う先生なのですが、
頻尿を相談しても「年だからしゃーないで」と、尿検査もしてくれず、
膀胱炎を長引かせたので、仕方なく他を当たり・・・右往左往。
良心的で動物好きな先生・・・どこにでもいそうでなかなかいない~(泣)


♪tomeさん♪

ね!ほんとに、看板出してくれればわかりやすいのに!
「高齢犬お断り!」とか、いっそ言ってくれる方がありがたいですよね。
ペットの高齢化も、ここ近年の事だし、
人間と違って、犬種もさまざまだから、難しいって事はわかるのですが、
せめて「よくしてあげたい」って姿勢を見せてほしいもんです。
心配していただいてありがとうございます。
坊もがんばってくれています。 私はいたって元気です!


♪なびこさん♪

動物が好きで獣医になっても、勤め先の病院の色に染まってしまったりとか?
若い獣医は、それなりに理想と現実の間でやる気をなくしたりしてるのか~?
なんて、いろんな想像をしてしまう・・・。
大きなところ、小さなところ、それぞれ良いところ、悪いところありますね。
ねねちゃんもいい先生にめぐり会えますように。


♪もじこさん♪

何の世界もピンキリ・・・ですね~。
皮下点滴は体の状態によって、吸収の良い、悪いがあるらしいのですが、
坊の場合は割と吸収がよくて、前回は数日続けると血液検査値がかなり改善しました。
最初の数日は静脈点滴もしてもらってて、静脈点滴の方が効果は高いのですが、
時間がかかってストレスなので、様子をみて皮下点滴に変えてもらいました。
食べたり飲んだりの量が少ない間は脱水etcが心配なので~、
皮下点滴を入れてる方が安心なのです~。


♪りょうすけ姉さん♪

「なんだ雑種か~。」  ・・・。 絶句。
いや、でもね、私が行った中でも、
「院長はいつも高そうな犬(と飼い主)を診てる」って病院がありました・・・。
廊下で坊を抱いてすれ違った時、院長は会釈もしませんでしたよ・・・。
担当医じゃないからか?って思ってましたが、坊が雑種だから~? あり得る!

病院探し、くじけそうです~。


♪ぴいさん♪
そうなんです、あちこち回るの、よくないって、思っているのです。
最初の病院のおじいちゃん先生も好きなんだけど、あまりにも何もしてくれないし、
前の病院の若い男の先生も好きなんだけど、大きな病院だから週に2日は休みの日があって、
代わりに出てくる先生が~嫌で~・・・。
そこに戻ってもいいんだけど、もしかしたら、次の病院と先生こそ・・・って、
あきらめ切れない・・・。  ないものねだりかもしれませんね。
シヨコ.さん | 2008/05/29 03:54 | URL [編集] | page top↑
#
はじめまして。
少し前に知ってから、ちょくちょく覗かせていただいてました。初めてうーちゃんを見た時に柴っぽいのに面長なお顔がすごくかわいくて!
うちにももうすぐ16歳の子がいるので、いろいろと勉強になります。

ここ最近の記事を読ませて頂いていると、なかなか納得のいく動物病院に巡り合えずにお困りのようでしたので差し出がましいかとも思ったのですが、書き込みさせていただきました。

“信頼できる動物病院200”(発行:㈱アップロードシナジー)という本はご存知でしょうか?
口コミで集めたデータをもとに全国の動物病院が紹介されているのですが、スタッフ数や設備、得意分野(眼科や歯科から老犬もあります)がアイコンで示されていたり初診料なども載っています。簡単な病気のチェック法や応急処置なんかも載っています。
もしかしたら既にご存じかもしれませんし、掲載されている病院が必ずしも相性のいい病院とも限りませんが、なにか御参考にでもなれば・・と思いまして。
Amazonでも購入できるので、よかったら覗いてみてください。
irisさん | 2008/05/29 06:33 | URL [編集] | page top↑
# irisさん♪
はじめまして♪ コメントありがとうございます♪
コメント、読ませてもらっていました!
お返事がおそくなってごめんなさい!
そんな本があるのですね!
ぜひ読んでみたい~!
近所の本屋にあるかな?
買う時は立ち読みして内容見てから派なので、
ちょっと、本屋を回ってみます!
シヨコ.さん | 2008/06/02 02:23 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://woonderland.blog47.fc2.com/tb.php/53-ecf1ed9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。