スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

前向きに。

先日は、お世話係の愚痴みたいな内容に励ましのコメントありがとうございました。
m(_ _)m

悲観的な事ばかり書いてしまいましたが、
もちろん、それぞれの病院にいい所もあって、いい先生もいらっしゃるのです。

たとえば、前回に持ち直させていただいた病院では、
行くと、他に患者さんがいても、坊を優先して診てくださいますし、
「預けたくない」と言うお世話係の希望を聞いて、
時間のかかる静脈点滴でも、傍で様子を見ていていいとの事で、
入院室でなく、2つある診察台のうち、
1つの診察台を占領して1時間以上の点滴をうけさせてもらったり、
時間外でも連絡してくださいと携帯の番号も教えてもらっています。

他の病院にも、それぞれいい所はあるのです。書き連ねると切りがありませんが。
(2軒ほどは、まったく問題外のところもありましたけど!)

ただ、坊の今の状態に、お世話係もかなり焦っていて、
「もっと、もっと」と、
ないものねだりをしているのだろうと言う事も、自分でわかってもいるのです。

あそこもだめだ、こっちもだめだ!って言うわけではなく、
こっちの期待が過剰になりすぎてると言うか。

獣医さんて「儲かるから」なんて理由でなるには、大変過ぎる仕事だし、
獣医になろうと思うには「動物好き」が基本だろうし。
でも、何の世界でも理想と現実はあって、
病院だってボランティアじゃないんだから、
運営、経営していくには利益を出さないといけないし、
設備を整えたいだとか、いろいろあるだろうし、
まぁ、「儲けたい」ってのは、どんな商売でも当たり前の事なんですよね。 
(ぁぅ、また話が横道に~~)

って、病院の話はさておき~、

坊っちゃん、昨日は、前回の嘔吐の時に診て頂いた病院で
皮下点滴を受けに行ってきました。
これでひとまず、脱水の心配はなし。

帰ってからも、食欲なし、ミルクや水は、飲むだけでも「一苦労」ってな様子で、
少し飲んだら疲れるようです。
それでも、半日の間に200mlくらいは飲んでくれています。

固形のものには口をあけないので、
バナナを潰したのを少し食べさせたり、蜂蜜をなめさせたりしています。

が・・・、

夜の11時頃から、呼吸が苦しそうになり、
どうも気管の辺りからゼロゼロ聞こえてる感じがして、
どうやら、誤嚥してしまい、息苦しいようす。


誤嚥
食べ物や異物を気管内に飲み込んでしまうこと。
喉周辺の筋肉や嚥下中枢(延髄)の機能が衰えた高齢者による事故が多く、
後に誤嚥性肺炎を招くこともある。


私、小児喘息だったから、なんとなくわかるのですが、
こういう状態だと、呼吸をしても酸素が取り込めず、
体が酸欠状態になって、かなりしんどいんです。

「先生に携帯で連絡?」「夜間救急?」「車に乗せない方がいい?」
頭ぐるぐる。
していると、呼吸が楽そうになってうとうと、
しばらくするとまたゼロゼロしんどそうになったり、
2時ごろまで、それを繰り返していましたが、
それ以降は、呼吸も楽そうになり、一安心。

でも・・・眠らない・・・。

うとうとしても、10分ほどで目を開ける。

静かにしていても眠っていない・・・。

ず~っと、そんな感じです。

・・・。

それでも、少しずつは眠れているようで、

合い間、合い間にミルクを舐めたりもしています。

2:15
しんどい


2:15
しんどいの

なかなか眠れない。

2:30
ねようかな

やっとうとうと・・・。

すぐに目が開く・・・。


14:30
つかれるの

少しずつ長く眠れるようになってきた。


食欲がまだ出ないので、今日も皮下点滴に行ってきま~す。




にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
♪ Life of Each Senior Dog & Ranking ♪
    老犬・高齢犬ブログランキング

♪  Thank you for your clicking  ♪
♪♪ 応援ありがとうございますっ ♪♪



スポンサーサイト

16:22 | 病院あれこれ | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
18歳だよ~。 | top | 交錯。

comments

# 病院
今日は雨降り、お医者様の注意を守って湿度が高いので我が家でも除湿に気を使っています。雑種で高齢 我が家のかかりつけのお医者様は区別なく
診てくださいます。それでも日々の変化に一喜一憂・・・。本当に愚痴を言いたくなることもあります。
坊っちゃんのブログ読んで励まされています。
眠れない夜は、心細さが募ります。
大変でしょうが、お互い頑張りましょう!!

ちびママさん | 2008/05/29 17:18 | URL [編集] | page top↑
#
口から物がとれないのを見ているのはお辛いですね。
皮下点滴に栄養も入っているから大丈夫と思いますが、見ているショコさんが参ってしまうのでは・・・と心配です。
どうか少しでも睡眠をとってくださいね。
坊ちゃんも寝んねできる時間がもう少し長くなりますようにとお祈りしています。

REON&うららママさん | 2008/05/29 18:20 | URL [編集] | page top↑
#
あにゃ~ん・・・・。
坊ちゃん、つらそうだね・・・・。
誤嚥はねえ・・・・。
吸引できるのが一番いいんだろうけど・・・。
動物の自宅介護では、やらないのかなあ・・・?
犬の誤嚥は、人間の場合と違って、
一気に悪化するから、注意が必要、とは
前に獣医さんで言われたけどね・・・。
あの、ロキオさんでも、食欲なくしたもの・・・・。

人間では、肺や気管支にある不要な分泌物などなどを排出させるために、
タッピング(手をお椀型にして、軽くたたいていく。)や、
体位ドレナージをしていくんだけど、
ワンコでもあるのかな・・・?
うちは、時々、タッピングをします。
40キロのおでぶちゃんロキオだから、
叩くと、肉が共鳴しちゃうんだけど^^;
最近はマッサージとあわせてやってるよ^^
少し、眠る時間が長くなった気はする・・・。
(でも、今朝はおなかすいたらしく、早い時間からうるさかった~TT)

むずかしいよね。その子に見合ったことするのって。。。

獣医さんのこともね・・・・。
技術云々はもちろん大事だけれど、
患者(犬なり猫なりね。)の、
最後までの、QOLを高めることが、
何より大事だと思うの。
病気を診ることだけが医者じゃないからね。
そういう概念をもった獣医さんばかりだといいんだけどね・・・。

何はともあれ、
無理しすぎないでね。
シヨコさんが、坊ちゃんの横で、
坊ちゃん、大好き^^って
言ってくれてることが、
何より、坊ちゃんの幸せだと思うから。
もりりさん | 2008/05/29 21:20 | URL [編集] | page top↑
#
私も喘息がありました。 うさぎの毛で。 急になって、息を吸い込んでも吸い込んでも、苦しくて。 
坊っちゃん、またまた、心配ですね。 
息がうまく吸えないだけでも、体力を使いますから。
早めにお医者さんに行くに越したことはないですよね。(って、下痢になったねねを医者に連れて行かないで・・・  ヨーグルトだけで治りました。)

どんな小さなことでも、疑問は持ったままではダメですよね。 こちらの犬のお友達は、皆さん、2~3件のお医者さんを持っています。 予防接種など簡単なこと、手術など大掛かりなこと、救急の夜間診療。という風に。 毎月のことなど、お金のこともあるのでもらうものが同じなら安いところで、って。 私なんて、ひとつだけで済ませようかな?なんて考えている人は少ないみたいです。 また、病院のいいところ、悪いところを交換しているようです。 
いざとなったら、頼るところはお医者さん。 
坊っちゃんの負担にならない程度に、早めにお医者さんに・・・ 元気になってね。
なびこさん | 2008/05/29 23:00 | URL [編集] | page top↑
#
老犬・高齢犬のブログを始めて見せていただきました。
正直言って、ショックでした。
私も蘭子も今はまだ元気ですが、蘭子が高齢になる頃には、私もまた高齢で、老老介護と言うことになります。
蘭子のために、出来るだけ健康で過ごしたいと思っております。
これからもよろしくお願いいたします。
蘭子の平九郎さん | 2008/05/30 08:32 | URL [編集] | page top↑
# 坊ちゃん
ここ数日の 坊ちゃんの様子が 辛くて コメントが出来ないでいました

どうしてもバンを思い出してしまうから・・・・

須崎先生の栄養スープとか試されたりされました?
家はまだ 自力で食べてくれてるので試しては無いのですが 少しでも 飲めるのでしたら良いかな? なんて思ってしまいました

獣医さんは その病院によって対応も違うしものたりなかったりしますよね
家は今のところ今の先生が 少しの変化でもリョウに対応してくれてるので ありがたく思っています

坊ちゃん ありきたりな言葉でごめんね 
でも 頑張ってね 応援してるから・・・・・
くうちゃんさん | 2008/05/30 08:49 | URL [編集] | page top↑
# 抱っこ
先日から、突然あいさつも無しにおじゃましてすみません。
また、思いついたので、コメントさせてください。
私の経験から、本人がなかなか寝付けない様子の時、少し重いけれど抱っこしてあげた時などは、安心して眠っていたようです。
寝付いたなーと思ってベットに下ろすとまた目を覚ましてしまう、の繰り返しでした。
体力が続かなくて、夜中などは先に寝入ってしまうこともあったのですが、今思えば、心臓音とかぬくもりが恋しかったのではと。赤ちゃんに戻ってしまうのでしょうね。
柴犬系は、若い時は抱っこが嫌いで、いつもジタバタ暴れてました。
年取って軽くなっちゃったんだもの もっと抱いてあげれば良かったなと思い出します。
まやさん | 2008/05/30 20:27 | URL [編集] | page top↑
# コメントありがとうございます♪
♪ちびママさん♪

はじめまして、コメントありがとうございます♪
日々の変化に一喜一憂、まさにその通りです~。
回復には時間がかかるのに、
しんどくなるのはあっと言う間で。

眠りたいのに、しんど過ぎて眠れないような様子を見ていると、
気弱になってしまいますが、
こんな気持ちで夜を過ごしている人は、
自分だけじゃないはずだわ、どこかでお仲間もがんばってる~。
などと思ったりしています。

♪REON&うららママさん♪

口をあけないのですが、ペースト状のものを歯の間からいれると飲み込んでくれるので、
なんとか栄養補給できてると思うのですが、身についてるかな~?
もう少し長く眠れると、坊も楽になると思うのですが~。

♪もりりさん♪
ほうほう、タッピング! 手をお椀型にするのね、やってみる!
さっき、ちょっと苦しそうだったから、おもわず人工吸引しちゃったよ!(笑)
ヒヤヒヤの連続だわ。
でも、ほんとに気管に何か詰まったら、とっさの時の対応考えとかないと・・・。
獣医さんに聞いてみよう~。

♪なびこさん♪

喘息、しんどいですよね。 あの酸欠状態、思い出すだけでしんどい~。

病院、同じ処置でも料金にけっこう違いがあったりします。
「初診料」とか、「診察料」も無料だったり、600円とか、1,000円とか。
散歩中に、もっと情報収集しておけばよかった~。


♪蘭子の平九郎さん♪

コメントありがとうございます♪
若い頃には、老後の事なんて考えもせず、昨年から手探りの介護で右往左往しております。
でも、ここ最近の坊は、まるで「子犬」のようで、また新たな愛しさです。
ワンコも人も長寿の時代ですから、
蘭子ちゃんがシニアになる頃には、介護用品ももっと充実しているかもしれませんね!

ワンコの食べ物の事、サイドにリンクしている
「わんにゃんごはん」にいろいろ参考になる事が書いてあります!

それから、リンクの件、ありがとうございます。
よろしくおねがいします♪

♪くうちゃんさん♪
須崎先生の栄養スープもよさそうだなと思っていました。
今のところ”わんこみるく”を飲んでくれています。
リョウくんみたいに、長い付き合いの先生がいてくれたらよかったのですが、
若い頃は病院に縁がなかったので、ここへ来て右往左往。
応援ありがとうございます。 坊もがんばっています!

♪まやさん♪

抱っこ中は写真を撮れないのですが、それ以外の時はけっこうず~っと抱っこしています!
やっぱり安心してくれるようですね♪
体重も・・・成犬時の半分くらいになっています。
抱くのにはいいのですが、あまりの軽さに・・・。です。
坊のこと、考えてくださってありがとう! 嬉しいです!
シヨコ.さん | 2008/05/31 16:54 | URL [編集] | page top↑
#
坊ちゃん、容態のお変わりはないですか?
少しでも水分を摂って少しでも眠ってくれたらいいなと願ってます。

今日の日記の更新がないので心配なのですが。
とりあえず言わせてください。

「18歳のお誕生日おめでとうございます」

・・・大丈夫ですよね?
言わせてもらってよかったですよね?
大丈夫だと信じてコメントさせていただきました。
りょうすけの姉さん | 2008/06/01 21:44 | URL [編集] | page top↑
# りょうすけ姉さん♪
ありがとう!!!
大丈夫です! 生きてます!(笑)

坊とお世話係、数日、ほぼ不眠不休で(大げさ)
今日の昼からやっと、眠ることが出来~、
お誕生日は寝てるうちに過ぎてしまいました~(泣)

詳細はブログで、お知らせ致します。
お祝いありがとうございますっ!
シヨコ.さん | 2008/06/01 23:02 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://woonderland.blog47.fc2.com/tb.php/54-cff34a5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。