スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

17年越しの・・・。

坊っちゃんが、うちへ来て間もない、
ぱぴーぼう '90・07
まだ、こんなだった頃・・・。

毎日、部屋の中を走り回って遊んでいました。
ボールを追いかけたり、嬉ションを撒き散らしたり、
体全部で「楽しいっ!!」と、はじけてました。

そんな頃、夢に坊っちゃんが出てきて、
ふわんふわんで、柔らかくて、あったかくて、
夢でも、あんまり力を入れてつぶれないように、
そっーっと、ぎゅーっと、坊っちゃんを抱きしめていました。

次の日、
夢の内容は忘れたけれど、夢の中で坊っちゃんを抱きしめた事と、
その感触や、大きさ重さの感覚は、腕に残っていて、
「あ~、夢では、あんな感じやったな~。」と、
現実の坊っちゃんをぎゅーっと抱きしめてみました。
でも、腕の感触は、どうも夢で感じたのとは違っていて、

「う~ん、なんか、小さい?」

何回、抱きしめてみても、角度を変えてみても、
夢の中での感覚とは違って、坊っちゃんがすごく小さくて、軽い・・・。

「夢の中では、もっと大きかったけどな~?」

「う~ん? 夢に出てきてたんは、坊っちゃんじゃなかったんかな??」

家にある、ぬいぐるみやキューピー人形で試してみても、
どれも、もう一つ、ピンとこないな~。 ???と思っていました。
なんてことない出来事だったのですが、
その時の「違和感」と「夢で何かを抱きしめた感触」は、
ず~っと忘れずにいて、
(変なところで記憶力がよくて、自分が子供の頃の事もいろいろ覚えていたりします。)

17年たって。
おじいちゃんになった坊っちゃんを抱っこしていて、
何気なく、ぎゅ~っとやった時に・・・。

「あ~、この大きさや・・・。」と・・・。

「この感触やった・・・。」と・・・。

ほにゃ~ '07・08・25
「やっぱり、坊っちゃんやったんやんか~。」と・・・。

だから、

「坊っちゃんを、こうやってお世話するの、前から決まってたんやなぁ。」と、

そんな風に思ったのでした。

今まで、誰~にも話していなかった、坊とお世話係の内緒の話。

ぎゅっとした、その感触は、もちろん、今でもちゃんと覚えていま~す。

きりっ '07・08・25
上の写真と同じ日なのに、なぜかぜんぜん違う顔。






スポンサーサイト

04:02 | 未分類 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
蚊取り線香とか、雨の日とか。 | top | やじうま。

comments

#
泣いちゃいましたよ~
夢の中で抱きしめた感触は、17年後の坊ちゃんと同じ。
ショコさんと坊ちゃんはずっとずっとずっと赤い糸で結ばれていて、それは今もそうなんだと思います。
REON&うららママさん | 2008/07/12 17:49 | URL [編集] | page top↑
#
素敵なお話を教えて下さって、ありがとうございます。
リリーさん | 2008/07/12 19:44 | URL [編集] | page top↑
#
仔犬の時は物凄く可愛いですけど、老犬になってからの穏やかな笑顔にはかなわないかも。

ワンコの世話って、ちっとも苦痛じゃないんですよね。
体重も軽くなってしまって、抱っこもし易いし。
あとどれくらいと思いながらも、今生きていてくれる時間がとっても楽しくて…。

そんな時間が持てたことが、幸せだったなと思います。
ねっ!シヨコさま♪
この子なんですよねっv-237
ぢゅんこです♪さん | 2008/07/12 23:01 | URL [編集] | page top↑
#
夢の中の感触、不思議。

あかちゃんの坊っちゃん。 おじいちゃんの坊っちゃん。 
ずーっと、坊っちゃんの眼の中は、ショコさんが。
2枚目の写真。 やさしい顔だね~



なびこさん | 2008/07/13 01:05 | URL [編集] | page top↑
#
幼い頃の坊ちゃん、とっても可愛い~♪
そして、シヨコさんの不思議な夢と、ずっと忘れないでいたその感触。
17年を経て、坊ちゃんが教えてくれた、まさにその感触。
きっと坊ちゃんは、シヨコさんと一緒に過ごし
最期までシヨコさんといられることを、
最初から知っていたのかもしれませんね。

シヨコさんと坊ちゃんのとっても素敵なお話、
教えてくださってありがとうございます^^

写真って、一瞬一瞬を捉えていて、
肉眼で見ていても気づかなかった
瞳や表情のちょっとした変化を、しっかり写していて
あとから見て、このときは嬉しそうにしてたなとか、
何かを訴えていたのかなとか、色々気づかされることがよくあります。
今、未来の写真を改めて見て、その瞳や表情に
また涙が出そうになります。
tomeさん | 2008/07/13 01:57 | URL [編集] | page top↑
# おはようございます
不思議なお話って、この事だったんですね(^-^)いつか起きる出来事を予感させる事ってあると思います。不思議とそういう予感は、実際に起こるまでずっと忘れないものですよね。
私が不思議だと思った出来事もお話しますね。坊っちゃんに羽が生えた数日後に、シヨコさんがみんなのところに行っているかも?と話していた頃、うちにも来てくれるかな?とずっと思っていたんですが、そんな事ばかり考えていた夜、お風呂に入っている時に、寝ていた父がお風呂の外から「今、誰か来たか?」とわざわざ言いに来ました。玄関は浴室の横なので誰か来れば一番最初にわかりますし、しかも夜中の1時過ぎで、そんな事はありえないというのを父も承知しているはずなのに「今、確かに誰かが来た」と言うのです。「寝呆けたんじゃないの?」と言ったのですが、「違う。誰か来た。誰だろう?」というのです。非現実的な事を口にするタイプではないし、わざわざ私に言いに来るなんて、私も「寝呆けたんじゃない?」と言いつつ、どこかで「坊っちゃん…?」と思いました。父には話しませんでしたが、私は坊っちゃんだと思っています。怖がりな私に、父を介して来たことを知らせてくれたのかな?と思いました。シヨコさん、坊っちゃんに「もし坊っちゃんだったなら有難う」とお伝え下さい(^-^)
ぴいさん | 2008/07/13 10:06 | URL [編集] | page top↑
#
巡り合わせってあるんでしょうね。
それがペットショップであろうが放浪犬であろうが「うちの子」になるべくしてなった。「おじいちゃん犬」と呼ばれる年まで一緒に過ごせるよ…って教えてくれてたのかもしれないですね。
ゆみゆみさん | 2008/07/13 23:19 | URL [編集] | page top↑
# コメントありがとうございます♪
♪REON&うららママさん♪

ちょっと、スピリチュアルな話でしょ。
スピリチュアル過ぎて、ちょっと恥ずかしかったのですが、
せっかくの体験なので、お話ししてみましたっ。

大好きだった祖母が亡くなってから半年で、
坊がうちに来たので、もしかしたら、祖母の生まれ変わりかも?
と言う説もあるのです。

♪リリーさん♪

夢の内容を覚えていないから、本当は違うものだったのかもしれないのですが~、
でも、感触や大きさは、確かにその時の記憶のとおりで・・・。
自分にとっては嬉しい出来事です。
読んでくださってありがとうございます♪

♪ぢゅんこです♪さん♪

そうなんですよね~、すっかり老犬マニアになりました。

もしも、一年早ければ、ここまで世話を出来る状況ではなかったので、
世話を出来る状況になるまで、元気でいてくれて、
それから、ゆっくり世話させてくれて、飼い主冥利につきます。
坊のおかげです。
ほんと「この子!」ですねっ♪

♪なびこさん♪

未来の出来事を夢で見るのは、あんまり珍しい事じゃないって、
「オーラの泉」か何かで、三輪さんか江原さんが言ってて、

私も、他にも何回か似たような事はあるのですが、
こんなに時間差があるのと、感触を覚えてるって言うのは、
この、坊の話だけで。 やっぱり、ちょっと特別な思い出です。

二枚目の写真、私もお気に入りの一枚なんです♪

♪tomeさん♪

坊が家に来る半年前に亡くなった祖母が
「長生きするから、しっかり世話しいや~。」と、教えてくれてたのかも?

写真、もっとたくさん撮っておけばよかったなぁ。
去年からの写真はたくさんあるけど、
見れば見るほど、かわいく思えますよね。

tomeさんの撮る未来ちゃん、ほ~んと、かわいい。会ってみたかったなぁ。

♪ぴいさん♪

そうなんです、この話だったんです。
スピリチュアル過ぎて、ちょっと恥ずかしくて、
なかなか書けませんでした~。お待たせしてごめんなさい!

あら、坊っちゃんてば、玄関からおじゃまするなんて、礼儀正しいのか?
でも、入浴中におじゃまするなんて、やっぱり、マヌケだわ。
夜に起きる癖がまだ続いてるのか?
夜の方が涼しくて、移動しやすいのかな?
四十九日には、もう少しあるので、またお邪魔するかもしれませんよ~。

♪ゆみゆみさん♪

ほんとに、子犬だった頃は、こんな時が来るなんて、思ってもなかったけど、
過ぎてみれば、「こうなるように決まってたのかな~?」なんて思ってしまいます。
パタくんも、ゆみゆみさんが傍にいてくれる時が来るのをわかってて、
それまで待ってたのかもしれませんね。
シヨコ.さん | 2008/07/14 02:39 | URL [編集] | page top↑
# コメント返しにコメントで
スミマセンシヨコさんのコメントに泣いてしまいました。うん、待っててくれたんだなぁと不思議な気持ちで過ごしています。里帰りのタイミングがズレてれば最後のお世話も、旅立ちを看取ることもできなかったし、子供が産まれてたらパタに付きっきりは難しかったし。それを思うと「お世話しにきて~」って呼ばれたようで…我が家の不思議話になりそうです(笑)
ゆみゆみさん | 2008/07/14 10:56 | URL [編集] | page top↑
# ゆみゆみさん♪
ね・・・。
パタくん、きっと「おねえちゃん来てくれた~。」って、
「今日も帰らないでいてくれてる~。」って、嬉しかったよね。
ベビーちゃんが生まれて、大きくなったら、
がんばったパタくんのこと、話してあげてねっ。
シヨコ.さん | 2008/07/18 00:23 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://woonderland.blog47.fc2.com/tb.php/76-a0352728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。