スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

斜めお向かいの・・・。

昨日、出かけようとした時、斜めお向かいのおば様に
「おさみしいでしょう?気落ちなさってない?」
「ワンちゃん飼ってらした方って、亡くなったらすごく気落ちなさるって事だから・・・。」
「ものすごくよく、お世話されてたから・・・。」
と、声をかけていただいた。

「大丈夫ですよ~。」
「よくがんばって長生きしてくれましたし・・・。」
「いつまでも言ってても仕方がないですし・・・。」
と言うものの・・・、
あかん~。 涙が~。
おば様がとっても優しい声で話して下さるものだから、余計にウルウルきてしまう。

ふくよかで上品なおば様は、坊っちゃんとも大の仲良しで、
お通夜の時にも顔を見に来てもらいました。

「うーちゃんに・・・。」と、
ペットボトルのミネラルウォーターのお供えを頂いたり、
「ご家族で飲んで、うーちゃんの話に花を咲かせて下さいね・・・。」と、
ビールまで頂いたり。

このおば様からは、坊っちゃんが16歳の冬(1年半前)にも
「お歳暮」を頂いた事があって、

ある日、
「うーちゃんは、カステラなんか食べるかしら?」と父に聞いて下さって、
なぜかと言うと、
俳優の渡辺謙が飼っていた犬が弱って元気がなくなった時に、
カステラを食べさせたら、みるみる元気になって、
それから何年か生きた・・・と言う話をテレビで見たか、雑誌で読んだか、
と言うことで、
少しずつ弱ってきていた坊っちゃんに「何か差し入れを。」と思ってくださっての事。

うちでは、それまで菓子パンとかやったことがなかったので、
父が「カステラはどうかな?」と言うと、
「何が好きかしら?」と聞いて下さって、

父は、おば様が「うーちゃんに差し入れを・・・。」と思っている事を知らなかったので、
「刺身が好きです!」と、のん気に答えたところ、

数日後に、お刺身のパックと、ウェットタイプのドッグフードを届けて下さって、
上の、渡辺謙の犬の話は、その時に母が聞いたもの。


おば様は、ほんとに坊っちゃんをかわいがって下さっていて、

うちは2年前まで、
家族みんなが忙しくて、坊っちゃんは昼は一人で留守番だったので、
おば様はいつもフェンス越しに坊っちゃんの相手をして下さっていた。

「テレビで見たワンちゃんが、
肩の辺りをマッサージされるのが好きだって言ってたから、
うーちゃんにもマッサージしてみたら、
すごく気持ちよさそうにしてくれて・・・。」
と、マッサージをしてくれたり、

嫌いな人や犬が通ってワンワンと吠え続ける坊っちゃんの様子を
「○○さんの奥さんが嫌いみたいよ。」
「こっち(庭)で吠えてて、いったん見えなくなっても、
あっち(ガレージ)まで追いかけて行って、見えなくなるまで吠えてるのよ。」
と、教えてくださったり。
そんな時は、
「だから、うーちゃん、そんなに吠えたらあかんよ。って、お話しするのよ。」
と、言い聞かせて下さっていたり。
(↑もちろん、聞いちゃいなかったらしいですが・・・。汗)

坊っちゃん、ひとしきり吠えた後は、またおば様のいるフェンス前に戻って来て、
「撫でて撫でて~。」と甘えていたそうです。

おば様のだんな様(もと小学生の校長先生でと~っても礼儀正しいおじい様)にも
「通りを行かれる方からもうーちゃん、うーちゃんと声をかけられ、
たいへん人気があり、ほんとうにかわいいワンちゃんですな。」
などと言ってもらったこともあり。

昨年の夏から秋にかけて、痴呆症状で落ち着かず、
何度も外に出たがる坊っちゃんを
しょっちゅう抱いたり、支えたりして通りをウロウロしている時も
見守っていただいていた。

坊っちゃんが、いなくなった今、
「気落ちされてるんじゃない?」と、
お世話係の事も見守っていただいていたとわかった。

昨日は、長く話していると泣けてきそうで、
ゆっくりお話できなかったけど、
今度会ったら、
「長い間、かわいがってもらって、ほんとうにありがとうございました。」って、
「私のことまで、気にかけてくださって、ありがとうございます。」って、
もう一度、ちゃんとお礼を言わないとね。

そして、もちろん、ブログを見てくださってる皆様にも同じ事を感じてます・・・、
ほんとうに、ありがとうございます。

ブログは、間隔があくようになるかもしれませんが、
四十九日までは続けるつもりです。
坊っちゃんの若かりし頃の写真がまた少し出てきたので、
UPしておきたいなぁと思っています。


こちらは、一年前の坊っちゃん。
去年のブログを見返してみると、この写真は使ってなかったので、
いちおう未公開画像です。
ほにゃにゃん '07・07・23

なんとか歩いているけど、
かなり腰も下がっているし、
四肢のバランスも悪い。

こらしょ

頭も重そう。
坊っちゃんは、体のわりに頭が大きいからね・・・。

うんしょ

おば様んちにも遊びに行ってるかな~?






スポンサーサイト

03:03 | 未分類 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
空中ブランコに乗ったのは? | top | いつなのか(五七日)。

comments

#
ご近所の方にも可愛がってもらっていたんですね、坊ちゃん。
お供えやお歳暮・・・声をかけて慰めて下さる人はなかなかいないような気が(私のご近所さんは)します。ご近所付き合いがとても良好な証ですよねぇ~♪
坊ちゃんのブログ、止めてしまうのですか?
とても寂しいです。
シヨコさんの優しい表現、大好きなんです・・・私の勝手なお願いですが、どうか続けて欲しいです。
れいごんさん | 2008/07/24 13:02 | URL [編集] | page top↑
#
やさしいおば様だねえ・・・・。
なんだか、ワタシまでうれしくて、涙が出ちゃった。。。
大事に思ってくれる人がいるってうれしいよねえ^^


それにしても。
1年前の坊ちゃんの写真。
かわいいねええ。。。。。。!
すべて卓越して、赤ちゃんみたいに、
やさしい表情してるー^^
もりりさん | 2008/07/24 22:04 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは
いつも思うのですが、やっぱりペットの性格って、飼い主さんの性格や接し方とか躾とかでずいぶん変わりますよね。子育てと同じですよね。坊っちゃんは、もともと持っている可愛さと、いい家族に育てられたから、人気者になったんでしょうね。
いい家族といいお友達といいご近所さんとがそばにいて、とても楽しかったんじゃないでしょうか。
坊っちゃんブログ、終わってしまうのはとても淋しいです。お写真がなければ、坊っちゃんの思い出話を綴ってくれるだけでも嬉しいなぁと思います。シヨコさんもこれから生活が変わるでしょうから、マメに更新とはいかないかも知れませんが、それでもいいので続けて欲しいと願います。今までみたいに、坊っちゃんの思い出と、シヨコさんの文才に触れていたいです。一方的な願望ですみません。
ぴいさん | 2008/07/25 00:35 | URL [編集] | page top↑
# コメントありがとうございます♪
♪れいごんさん♪

庭が道路より高くなっていて、
かがまなくても坊の顔が見えるので、
相手をしてくださる方もかまいやすかったようです。
坊も朝や夕方はフェンスのところで誰か通るのを待っていました~。

うちは私が小4の頃にここに引っ越してきて、
親も共働きで、ご近所づきあいってあまりなかったのですが、
坊のおかげでお話しするようになったご近所さんもたくさんで、
坊がいなかったら、おば様とのこんな交流もなかったと思います。

ブログは、このままだと、一年前の坊の姿を追いつつ・・・
切りがない・・・みたいになりそうな気がしたりして。
でも、閉じるつもりはないので、
更新は少なくなると思いますが、また読みに来て下さいねっ。


♪もりりさん♪

おば様、やさしいでしょ・・・。
坊が元気な頃は、そんなに仲良くしてもらってるなんて知らなくて、
去年からいろいろお話しするようになって、
お通夜の日も、いろいろ思い出話して下さって~。
お話してたら泣けてきてしまった。
もりりさんまで泣いてくれて~~、ありがとう~~。

一年前・・・体が弱るのと比例して顔がかわいくなっていったの。
深夜に徘徊してる時は、イッちゃってる顔もしてたけど・・・。

♪ぴいさん♪

躾・・・・・・・・。
ぜんっぜん、してないのですよ・・・。
来た当初、両親共働きで、お世話係も高校生で、何かと忙しく、
「犬を飼いたい~。」って意気込んで飼ったわけじゃなかったので、
ほったらかしのまま育ってしまって、
ご飯やオヤツの時にお座り、お手、するくらいで・・・。
ワンコ同士の交流の仕方も下手で、好き嫌いもあって、散歩中に吠えたりで・・・。
今思えば、最初から、もっとちゃんと犬の本とか読んで賢く育ててやればよかった。
とかとか・・・。
夜は家の中に入れてやればよかった・・・とか。
後悔もたくさん・・・。

ブログ、閉じるつもりはないのですが、更新は少なくなるかもです。
でも、たまに読みに来てくださると嬉しいです。
シヨコ.さん | 2008/07/25 02:06 | URL [編集] | page top↑
#
坊ちゃんは本当にみなさんに愛されていたんですね。
おば様の優しい言葉に私も泣いてしまいました。
そっと見守って、気にかけて、心配りをしてくださる方がいらっしゃるのは本当に嬉しいですね。
坊ちゃんが愛されたのは坊ちゃんが優しく可愛い子に育ったから。坊ちゃんはショコさんご家族、ご近所のみなさんのもとで本当に幸せだったとも思います。、
REON&うららママさん | 2008/07/25 08:10 | URL [編集] | page top↑
#
やさしいおばさまですね。

自分の知らないところでの交流。うれしいですよね。

坊っちゃんがやさしいから、みなさん気にかけてくださって。

坊っちゃん、いろんな所へ遊びに行って、忙しそうですね。 

元気なころの坊っちゃんのあんよは、しっかりと地面を踏んでいる。 でも、やっぱり、お顔は、やさしいまんま。


坊っちゃんのブログ、四十九日で一区切りなんですね。
坊っちゃんのこと、日々のこと、もしかしたら、新しいかわいい家族が増えました!なんてことを更新してくだされば、うれしいです。 ここに来て、ショコさん、坊っちゃん、ここに訪れる方のコメントを読むのがとっても楽しみなものなので。
(負担になっていたらごめんなさい)

なびこさん | 2008/07/25 16:37 | URL [編集] | page top↑
#
大好きです。

坊っちゃんもお世話係さんも。


全ての生き物が愛で包まれますように。
クリイムさん | 2008/07/25 19:20 | URL [編集] | page top↑
#
坊っちゃんはみんなに愛されて
とても幸せでしたね。

そしてみんなを幸せにしてくれたし、
元気もくれました。


シヨコ.さん、勝手なお願いだけれど
ブログをず~っと続けてほしいです。
坊っちゃんの写真には、
癒されますもの。

シナモンさん | 2008/07/25 20:04 | URL [編集] | page top↑
#
更新がなくてもブログを残して下さると嬉しいです。
きっと、介護している方には参考になることも多いと思うから。
病院の薬より、介護をしてきた人の言葉の方が役に立ちますものね。

うーちゃんをずっと見守ってくださった方の言葉は何より嬉しいですね。
でも、その分心に響いて涙か止まらなくなります。
本当によく分かります。

私も郵便局の集配のおじさんやら、水道メーターの検針のおばさんやら、団地のおばさんやらおじさんやら、実に様々な方々から声を掛けていただいて、その度にこらえようと思っても暖かい言葉だからこそこらえ切れなくて涙した事が何度あったでしょう。
未だに慰めの言葉を掛けていただくと涙が止まりません。

それだけたくさんの方が気に掛けて下さっていたんですよね。
ぢゅんこです♪さん | 2008/07/26 17:36 | URL [編集] | page top↑
# コメントありがとうございます♪
♪REON&うららママさん♪

自分のこと褒められるより、ワンコを褒められる方が嬉しいですよね。
でも、ろくに躾もしてないので、
気に入らない人吠えまくったりもしてたのですよ。
でも「近所に犬がおったら、用心がいいから、いつまでもおってや。」
とか、言ってくださった方もいて、
ほんと、ご近所さんにはめぐまれておりました。

♪なびこさん♪

基本的に人好きなんだけど、嫌いな人はとことん嫌い・・・。
ちゃんと見分けてたんだなぁと、変に感心したりして。

四十九日までは、2日に1回の更新を目標にしていたのですが、
頓挫して間があいてしまいました~。 うぅ~。

坊に会いに来てくれる方がいるの、嬉しいから、
四十九日以降も、あまり変わらず、ぼちぼち更新出来たら、と思ってます。

♪クリイムさん♪

コメントありがとうございます♪
坊のこと、好きと言ってもらって嬉しいです♪

日本の動物愛護はまだまだ発展途上・・・。
人間に飼われてる全ての動物が幸せでいてほしいですね。

♪シナモンさん♪

あの笑顔で、道行く人々を癒していたのでしょうね~。
好きな人に対するワンコの笑顔は極上ですもんね。

ブログは続けるつもりですので、
また坊に会いに来てくださいねっ。

♪ぢゅんこです♪さん♪

クロちゃんシロちゃんもたくさんの人に見守られていたのですね。
一人で心で思っている時は大丈夫になってきても、
誰かと話すと涙が出てきてしまいますね。
温かい言葉をかけてもらうと、なおさら・・・。

ほんとうに、犬の寿命は、どうしてこんなに短いんでしょうねぇ。
シヨコ.さん | 2008/07/28 02:11 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://woonderland.blog47.fc2.com/tb.php/80-59333150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。