スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

から揚げの・・・。

フェンス越しの坊っちゃん。 12歳。
ぬん '02・08・06
ブログには何度か登場している写真です。
このフェンス越しに、坊っちゃんはいろんな交流をしていました。

フェンスを引いて見ると
ふぇんす
こんな感じで、道路より一段高くなっています。

そして「表札」
ひょうさつ
表札があって、名前がわかりやすいのと、
庭が高いから、道行く人も坊っちゃんの相手がしやすかったのだと思います。


フェンスの前で、
まってるぜ '02・04・03
道行く人を待ち構え・・・

誰かが来れば、にっこり笑ってごあいさつ。
あそぼ~
遊ぼう~。と、シッポをフリフリ。


あし
またまた登場、甥っ子+おやじ。


ぬぬ~っ
ワイヤーの隙間に顔を突っ込み~。


えいえい
えいえいっ。

こうやって、挨拶したり、
時には、から揚げやウィンナーなどの差し入れをもらっていたことも。

夜ご飯をあんまり食べない時期があり、
なんでかな~? と思っていたら、
ある日おばさん(先日のおば様とは違う方)がブツをくれている現場を目撃。
「食欲がないのかわからなくなるので・・・。」と、
やんわりお断りするものの、
「もう、待ってくれてるんやもん~。」と、
見ている傍から、袋からから揚げを取り出して・・・。

「あかんのわかってても、坊っちゃんがかわいくて、あげたくてしょうがない」ご様子。
黙認状態に。

でも、その頃の坊っちゃんは夜の6時や7時まで留守番だったのだから、
そうやって、何かもらうの、すごく嬉しかったと思うので、
今となっては、感謝してます。

「足音わかってて、ずっと待っててくれてる。」と、
仕事帰りに坊っちゃんにおやつをやるのを楽しみにしてくれていたおばさん。
ありがとう。

---------------------------------------------------------
これは特例で、
他家の犬に飼い主の許可を得ず食べ物を与えるのはもちろんNGです。
---------------------------------------------------------

この差し入れが、いつ頃から始まったのかは定かではないけど、
14歳の冬以降に、坊っちゃんの耳が遠くなって、
通りを歩く人の足音も聞こえなくなって、
フェンスから呼んでもらっても聞こえなくなる頃まで
続いていたと思う。

たぶん、おばさんはから揚げを買って坊っちゃんの名前を呼んでも、
坊っちゃんが出てこなくなったのを、寂しく思っていたやろうなぁ。

坊っちゃんも「呼んでもらう」嬉しさがなくなって、
退屈で、つまらなかったやろうなぁ。

この、から揚げのおばさんは、仕事の行き帰りにうちの横を通られるので、
去年までも、散歩途中や庭にいる時に何度も顔をあわせる事が出来て、
「うーちゃん、がんばってんなぁ。」とか、
「ごめんなぁ、今日はなんにもないねん。」とか声をかけてもらい、
歩けなくなって、抱いて散歩している時も
「うーちゃーん、がんばりやー。」と励ましてもらい、
お通夜の日も、ちょうど父が玄関の外にいる時に通りかかられたので、
最後に顔を見てもらうことが出来た。

ご縁が深かったのか、坊っちゃんがから揚げのお礼を言いたかったのかも?


<追記>
ふっと思ったのですが、
うちの場合、坊っちゃんは、こうやって、庭で放し飼いで、
危険な目にもあわず、たくさんのお知り合いを増やすことが出来たけど、
昨今の世の中を考えると・・・、
こういう、外界と関わりあえる状況と言うのは、
もしかしたら、いたずらされたりとか、
最悪のケース、危険な食べ物を与えられるとかの危険性もあるのかも。
なんて、考えてしまいました。
うちは、そこそこの田舎で、
18年前には、そんな心配は思いもよらなかったのですが、
時代の変化を考えると、
こういう状況は、もしかしたら危険と背中合わせなのかもしれません。



スポンサーサイト

03:31 | 未分類 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
かわいく撮れない。 | top | 空中ブランコに乗ったのは?

comments

#
沢山の人に愛されていたのですね。
坊ちゃんの人柄(犬柄)がよかったからでしょうね。
頂き物は、困るけどなかなかお断りも出来ずズルズルとなってしまいます。
うちは、よくお饅頭をいただいていました。v-16
うなパイさん | 2008/07/28 11:24 | URL [編集] | page top↑
#
 可愛い坊ちゃんのエピソード、また一つ聞けてうれしいです☆
 
 いろんな人に可愛がられながら、同時に色んな人が元気をもらっていたんでしょうネ。
アクアさん | 2008/07/28 19:15 | URL [編集] | page top↑
#
坊ちゃん、やっぱり、鳥居みゆきばりの、
美形だよね・・・^^

から揚げ・・・・・、
そりゃ、人望よー。

うちなんか、


「やーい。レオやーい。」

って、叫ばれることはあっても、
から揚げくれる人なんて、いないもん^^;;;

それにしても、坊ちゃん、
いつみても、愛いわ~^^

もこもこっとした、ふわふわの毛並みの感じ、
やさしいかわいい瞳、
生で体験したかったな・・・。
坊ちゃんが、から揚げもらってたおばちゃんは、
きっと、坊ちゃんに、多大なる癒しを
もらっていたんだとおもうー。
ワタシも、PCのこっちでいっぱいもらってるもん^^
もりりさん | 2008/07/28 21:29 | URL [編集] | page top↑
# コメントありがとうございます♪
♪うなパイさん♪

平日は留守番だったから、道行く人に相手してもらうのが楽しみだったんでしょう。
「番犬」の自覚があったかどうかは謎として、
「アイドル犬」的な自覚はあったかも?

あんまりかわいがってくれるから、黙認してましたけど、
「今日は何をもらった」リストをくれると、もっと良いと思ってました。笑。

♪アクアさん♪

ワンコの笑顔って、ほんと元気もらえますもんねっ。

小学生だった子が、高校生になっても自転車止めて呼んでくれたりして。
坊も朝、夕の人通りが増える時間帯はフェンス前でスタンバってました。

♪もりりさん♪

美形~、頭でっかちな幼児体型だったのを思うと、
美形はピンとこないけど、なんと言うか「犬らしい」顔だと思ってた。
一番、見慣れた犬だから当たり前か。

「やーい。レオやーい。」って、近所の子供?
大きいワンコは、なんか、そうやってからかわれるよねぇ。
でも、それだって、人気の一つだよぅ~。

頭の大きい幼児体型は、坊の武器の一つでもあって、
いつまでも子犬っぽい感じがして、かわいがられたんだと思う。
シヨコ.さん | 2008/07/29 02:39 | URL [編集] | page top↑
#
カッコいい坊っちゃん。

やさしい目の坊っちゃん。

うれしい差し入れですね。ちょっと塩分、油分多いけど。
たくさん食べてくれるとうれしくてどんどんとあげてしまって・・・。

おばちゃまも坊っちゃんもたのしい時間ですね。

ねねも早くプレートつけようっと!

なびこさん | 2008/07/29 16:33 | URL [編集] | page top↑
# ♪なびこさん♪
「犬に塩分はNG」って、ずっと思っていたけど、
須崎先生の本によると、過剰な塩分はちゃんと排出されるとの事だったし、
油分については、ドッグフードにも油分は入ってるし、
今考えると、から揚げのお肉の方がドッグフードに使われてる肉より
上等で安全な肉だろうし~、
坊ちゃんは、持病もなくて肥満でもなかったので、
「絶対やらないで!」とか言わずに黙認しててよかった、とか思いました。

でも、近頃のニュースとか見ると、変な人も多いから、
こんな風に外から食べ物もらうの、やっぱり危ない、とかも思いました。

食べ物が入れられないくらいの網とか張った方がいいのかも~?とか、
心配しだしたら切りがないんですが~。
シヨコ.さん | 2008/07/31 01:59 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://woonderland.blog47.fc2.com/tb.php/82-62c6887f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。