スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

四十九日に思うこと。

坊っちゃんの四十九日の今日、

夕方、家に帰った時、門の前で、
先日書いた「から揚げの・・・」のおばさんに会いました!

ちょうど、渡したい物もあったので、グッドタイミング!

坊っちゃんの写真プリントをオンラインで注文した時に、
間違えて同じ写真を何枚かプリントしてしまっていたので、
坊っちゃんをかわいがってくれてた人に貰ってもらえたらいいな~と、
思っていたところだったのです。

「ちょうど今日が四十九日なんですよ~。」
「もしよかったら、写真があるので、貰ってもらえませんか?」
とお話したら、喜んで下さって、
坊っちゃんがフェンス前で立ってる写真など、3枚ほど貰っていただきました。


夜は、これと言って特別な事もせず過ごしましたが、
お世話係には、
これまた、ひとつ、誰にも内緒の儀式が残っています。

坊っちゃんが、うちで寝た最後の夜に使ったタオル。
たおる
この黄色いタオル。
洗濯したてのを敷いて寝かせて、
次の日、霊園へ行く時は、違う白いタオルに交換したので、
坊っちゃんのにおいすらついていないタオルなのですが、

実は、このタオルを、今日まで洗わずに、
ずっと枕元に置いて寝ていたのです。

このタオルを、明日、洗濯しようと思っています。
見た目には、ぜんぜん汚れてないし、
(お世話係の涙が、かなりしみ込んではいますが)
このまま置いておきたい気もするのですが、

長い目で考えると、洗ってまた一緒に寝たりする方が、
結果、長持ちして、いつまでも傍に置いておけると思うので、
「四十九日が過ぎたら洗おう。」と、しばらく前から決めていました。

これが、お世話係の、内緒の儀式。

そして、今週末に坊っちゃんをお庭のお墓に入れる予定。

お世話係としては、お墓に入れずとも・・・と言う気持ちもあるんやけど・・・。

坊っちゃんの魂は、今は、どんな風かな。
天国、極楽浄土、虹の橋・・・いろんなイメージがあるけど、
火の鳥が迎えに来て、火の鳥の体の中に入れてもらうって言うのもいいかも、ね。

たくさんのワンコ友達が出来たかな。
次は、どんなとこに生まれるのかな。
また、お世話係のとこに来てくれるのかな。
違う誰かのところへ行くとしても、
楽しい毎日を過ごせますように。
そして、いつか、遠い日かもしれないけど、
また、お世話係のところにも来てくれるといいな。


坊っちゃんが、どこに生まれ変わったとしても、
安心して暮らせるような世の中になりますように。

人間の身勝手で、苦しんだり、命を絶たれたりする動物がいなくなって、
たとえば、犬ブログのカテゴリでも
「老犬・高齢犬」「シニアドッグ」の登録数が一番多くなるような、
そんな風に、
一度、人間のもとに「家族」として迎えられたすべての命が、
幸せに、健やかに、穏やかに、その命をまっとうできるような、
そんな世の中になりますように。


坊っちゃんがいなかったら、知る事のなかった、たくさんの事。
保護団体の活動や、行政への働きかけ。
京都府では、人と動物が共生する社会の実現に向けて
府民の声を取り入れての、「動物愛護管理推進計画」がまとめられて、
行政とボランティアの連携や各団体の交流やネットワーク化などが
盛り込まれたりもしている。
もっと、知りたいことがたくさんあるし、
自分が出来ることも見つけていきたい。

おとこまえ '07・08・01

ブログを通して、たくさんの方が坊っちゃんの事を可愛がってくださったように、
「助けを待つ命」にも、たくさんの優しい手が差し伸べられますように。






スポンサーサイト

01:54 | 未分類 | comments (14) | trackbacks (0) | edit | page top↑
アニマル・ポリス。 | top | タイトルなし

comments

#
ずっとお声をかけられずに申し訳ありません。

49日がすぎられたということで、心も少しおちつかれたことと思います。


いまだ上手い言葉がみつからない私ですが、心よりご冥福をお祈りしております。
ロデムママさん | 2008/08/01 04:41 | URL [編集] | page top↑
#
もう四十九日なのですね。
毛布のお洗濯、頑張ってくださいね。
頑張るはおかしいかな・・・
お洗濯しても坊ちゃんの感触は残っていると私は信じています。
坊ちゃんはきっとまたショコさんのもとに来てくれると思います。
今はたくさんのワンコのお友達と、火の鳥に乗って大空を駆け巡ってるかもしれませんね。
REON&うららママさん | 2008/08/01 08:08 | URL [編集] | page top↑
#
ブログ拝見してたけど、コメントできずにいました。
ゴメンナサイ・・・。

坊ちゃん、きっといつかショコさんのもとに来てくれると思います。

内緒の儀式。涙が出ちゃいました。
お気持ち、よくわかりますから・・・。

ショコさんの言う通り、動物達が幸せに過ごせる世の中になって欲しいと願っています。

うまく言葉がみつからない・・・。
深い悲しみがどうか癒されますように・・・。

坊ちゃん、沢山のお友達ワンコと楽しく過ごしてね!
時々、ショコさんのところに遊びにいってあげてね!
ポーママさん | 2008/08/01 09:33 | URL [編集] | page top↑
#
四十九日なんですね。
みんなに、いっぱい愛されていた坊ちゃんは、きっと満たされてたくさんのお友達に囲まれていることでしょう。
夏バテしないように、お身体大切に!
うなパイさん | 2008/08/01 09:33 | URL [編集] | page top↑
#
49日ですね・・・坊ちゃんも向こうで楽しくしているのでしょうね(笑)。
どんなに時間が過ぎても、坊ちゃんの事忘れませんから・・・絶対に。
れいごんさん | 2008/08/01 10:41 | URL [編集] | page top↑
#
シヨコさん、こんにちは。
う~ちゃん、もう49日なんですね。。

私も、もんが最期に敷いていたシーツをまだ抱きしめています。洗濯もできません。
父が亡くなったときは、最期に着ていた浴衣を3年間枕元に置いて寝ていました。

時間が必要な時もありますよね。。。

本当に、心豊かな世の中になって、う~ちゃんやもんやみんなが安心して生まれ代わってこれますように。
もん母さん | 2008/08/01 12:32 | URL [編集] | page top↑
# ふしめ
四十九日なんですね。
来世の坊ちゃんを思うショコさんの、
ひろーい心のありように、おもわず涙が・・・。

そうですよね。
お互いどんな姿であれ、必ずしも再会できるとは限らないんですよね。

それぞれが、「悲しむ人達にもっと癒しを!」と
天から使命を与えられ、そのミッションを遂行すべく
散り散りに生きる事を余儀なくされるかもしれし・・・。

今よりも少しずつでいいから、シアワセの種が多く蒔かれる事を祈ります。

実は私も四十九日どころか半年が過ぎたにもかかわらず洗えずにいる物あるんです。

そろそろ、さよならしようかな。
蓮華(ハナ)のうてなさん | 2008/08/01 12:40 | URL [編集] | page top↑
# こんにちは
早いですね、もうそんなに日が過ぎたのですね。
坊っちゃんが、これからも楽しく幸せに過ごせる事を祈ります。
そしていつかシヨコさんのところに帰って来て下さいね。
ぴいさん | 2008/08/01 12:41 | URL [編集] | page top↑
#
もう、四十九日ですか。 そんなに経ちましたか。

坊っちゃん、いつまでも、ショコさんのおうちに居られて、いいですね。 

今までみたいに、夜抜け出して、メリちゃんのおうち、りき君のおうち、マッコイ君のおうち、忙しくて忙しくてって。 
そして、ひょっこり、お友達を連れて帰ってくるかも。そのわんこは、坊っちゃんの生まれ変わり。
どこかに坊っちゃんの面影が・・・って。

一匹のわんこもにゃんこもすべての動物たちが幸せな毎日が送れる世の中が来ることを祈って・・
そして、坊っちゃんも安心してこの世界を見ていられますように。
なびこさん | 2008/08/01 16:31 | URL [編集] | page top↑
#
うーちゃんは、シヨコ様ととても大きな縁があるはずだと思います。

生まれ変わりって、私は信じていませんでしたが、クロちゃんが亡くなったとき「きっと生まれ変わってくるんだな」とふと思ったのですが、でも、生まれ変わってくるならクロちゃんと同じ黒犬で男の子だと思い込んでいました。

だからシロちゃんが来たときも、この子が生まれ変わりだなんて思っていませんでしたよ。

今度うーちゃんがシヨコ様のところに帰ってくるのはいつでしょうv-236
シヨコ様にうーちゃんが必要な時でしょうか。
ひょっこり…我が家にワンコが来た時…きっとうーちゃんだと思います。

49日って、1つの区切りですものね。
これからもずっと守ってくれると思います。
私は今も守られているに違いないと感じていますから。

今日のうーちゃんも、すごく可愛いですv-398



ぢゅんこです♪さん | 2008/08/01 18:32 | URL [編集] | page top↑
# コメントありがとうございます♪
♪ロデムママさん♪

コメントありがとうございます。

その時を迎える前から、少しずつ覚悟していたとは言うものの、
現実となるとなかなか・・・。

でも、坊の次の犬生が幸せなものとなるようにと願えるようにもなれて、
動物が安心して生きられる世の中になるように、
些細な種を蒔くことが、坊の供養になるような気もしています。


♪REON&うららママさん♪

タオル、「えいっ!」と、洗濯してしまいました。
そして、また今日から一緒に寝ます。
坊に次に会えるのは、お互いに、何かの役割を終えた後かな~?
とか、いろいろ想像しています。
私も、その時のために、人生がんばろう、とか、思っちゃったりして。


♪ポーママさん♪

いえいえ、読んで下さるだけで嬉しいです~。
私も、なかなか、他のワンちゃんのブログにコメントできなくて・・・。
ポーちゃん。がんばってますね。まだまだポーママさんの傍にいたいから。
ポーママさん、一人でのお世話・・・ほんとに、すごいと思います。
ポーちゃん、夜に寝てくれますように。お祈りしてます。

私のね、悲しいのも、だいぶ落ち着いて、
坊の次の犬生が幸せなものであってほしいって、
そんな風に願えるようにもなっています。

坊のお世話する事で、いろんな事を教えてもらったから、
坊は、また次のところに、何かの役目を果たしに行ったんだ~、
って、そんな風に思えたりしてます。


♪うなパイさん♪

長寿犬日記のめりちゃんがね、
お空で、たくさんの不幸な生い立ちのワンコに会ってショックを受けたって
ことだから、坊も、お空で、いろいろ考えてるのかも、なんて想像してます。
めりちゃんは、盲導犬だったワンコに出会って、
次の犬生で盲導犬になる決意をしたってことだったので、
坊も、そうやって、次の犬生を考えてるかな~。とかね。


♪れいごんさん♪

ありがとう♪ 
しばらく楽しく暮らしたら、また新たな使命を持って生まれ変わるのかな~、
っと、最近はそんな想像をしてます。
坊が安心して生まれ変われるように、
犬猫の殺処分ゼロの世の中になる事を願ってます。
私も、今は保護活動とか出来ないけど、
せめて保護団体さまへの寄付から始めました。


♪もん母さん♪

私も、やっぱりちょっと躊躇してしまったのですが、
「坊っちゃん、お風呂入ろうか~。」と、
洗ってしまいました。 
「お日様にあたって、気持ちいいね~。」と、
心の中で話しかけながら干したりして。

なかなか、洗うふんぎり、つかないですよね。
愛情の深さゆえ・・・ですね。
もん母さんも、納得のゆくまで、お傍に置いておかれたらいいと思います。

もんちゃんやうー、他の子達、み~んなが安心して生まれて来られるように。

すでに、たくさんの方が殺処分を減らす働きかけや保護活動をされていて、
世の中を変えるには、私達ひとりひとりの小さな力から始めるしかないですもんね。


♪蓮華のうてなさん♪

生まれ変わりとか、あまり考えたことがなかったのですが、
いろいろ想像する事で、自分自身も前向きになれています。

たくさんある保護団体様のHP、どのHPを見ても、
どの子もかわいい、どの子も「愛を伝える」使命をもっていると感じられます。
その使命を果たさせないのは、人間の都合・・・。

生まれ変わった坊のために、少しでも種を蒔く手伝いをしようと思っています。
そうすることが、次に坊と会える時ための準備のような、そんな気がしてます。


♪ぴいさん♪

早いような、遅いような。
まだ、そこにいるような、 もう、どこかで生まれ変わる準備をしているような。

次に会えるのは、だいぶ先のような気がしています。


♪なびこさん♪

ずっと先のような気がしていたのに、もう四十九日もたってしまったんですね。

心境も変化して、坊の生まれ変わった時の事を考えるようになりました。
安心して生まれ変われる世の中になってほしいって、
前より強く願っています。

坊に会えるのは、私も何か人や動物の役に立てるようになって、
そのご褒美の時のような気がするので、何年か先かな~?と思っています。


♪ぢゅんこです♪さん♪

なびこさんへのお返事にも書いたのですが、
坊に会えるのは、
私が何か人や動物の役に立てるようになって、そのご褒美の時か、
坊が何かの役割を果たしてから、休息しに来る時のような気がしているので、
何年か先のことかな、と思っています。
シヨコ.さん | 2008/08/02 03:30 | URL [編集] | page top↑
#
私も最後にマッコィが使った毛布、なかなか洗えませんでした。
居間に敷きっぱなしにしていたら、マルセルが初めてうちに来た時にその上に何の躊躇も無く伏せしてしまって...
もじ太と泣きそうになりながら笑ってしまいました。
今でもその毛布はマルセルのお気に入りです。

処分犬ゼロ、私も願っています。
寄付とか保護活動も重要ですが、素人が安易に繁殖しないよう
「増やさない」啓蒙も必要だと思います。
増やす分、不幸な子を救うって発想を持って欲しいって思います。

もじ子さん | 2008/08/02 15:24 | URL [編集] | page top↑
#
うちもりょうすけが生前、最後に水を飲ませたときのタオルを残してますよ。
洗濯はしましたが。理由はショコさんと同じです。
あとは水を飲ませてた洗浄瓶とか、暑さ対策で体に乗せていた濡れタオルとか。
その他ゆかりのあるものは残してあります。

私の住んでいる岐阜市保健所は収容されたワンコ譲渡率日本一なのだそうです。
岐阜県獣医師会は「災害時における動物の救護活動に関する協定」を岐阜県と
結んだそうですよ。

全国の都道府県がこういう傾向になるといいなと思ってます。
りょうすけの姉さん | 2008/08/03 01:08 | URL [編集] | page top↑
# コメントありがとうございます♪
♪もじ子さん♪

モジーノ家の、先日の記事も読ませて頂いてました。
反響大!でしたね!
もじ子さんのお考え通り、繁殖の連鎖をとめる事、とっても重要ですね。

保護団体さんでも、保護した犬への不妊・去勢を行われるので、
寄付することで、手術費用の一端を担えるのではと思ったのです。

そして、保護団体さんでも活動の一環として
「増やさない」ことへの啓発もされている場合が多いので、
支援することで、飼い主を含む社会全体の意識向上に繋がるのではと思ったのです。

保護犬を飼う事や自家繁殖の制限が早く常識になるといいですね。


♪りょうすけ姉さん♪

そうそう、岐阜市って、譲渡率No1! なのですね!
先日から、いろいろ調べているうちに高水準な市と知りました。
りょうすけくんや先代のワン様達も施設からやって来たと言うことでしたから、
早い段階から取り組みがなされて、市民の意識も高いのでしょうか。

私の周りでは保健所から犬をもらったと言う話は聞いたことがなかったので、
自治体の取り組みがなかったんでしょうね。
今は、京都府も保護犬の譲渡会を開いています。
地域の意識が変わって、岐阜市の高水準に追いついてほしい。
全国的に、そうなってほしい~。
シヨコ.さん | 2008/08/03 03:20 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://woonderland.blog47.fc2.com/tb.php/85-08baa6c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。