カテゴリ:日々のこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

高齢犬が伝えること。

さて、この子は誰でしょう?
8
ご近所の「ななちゃん」です。


なんと、今年で18歳の高レイディーです。
1
いわゆる「豆柴」と言われる小さめの柴犬です。

坊っちゃんよりひとつ年下(たぶん)。
昔からのお馴染みさんです。

もう、この辺りでは最古参のご長寿さん。

愛想なしです。(昔っからです。)
3

坊っちゃんはななちゃんに興味があるのに、
ななちゃんは、坊っちゃんに興味がなかったようで・・・・、
若い頃からあんまり相手にしてくれませんでした。

それでも、坊っちゃんが歩けなくなってからも、
抱いてななちゃんに会いに行ってました。
ななちゃんは、愛想なしでしたが(笑)
坊っちゃんには、それなりに刺激になっていたようです。

今では、犬禁断症状が出る私の相手をしてくれます。

愛想なしの君が笑った~♪です。
6


ななちゃんは寒い日は家の中にいますが、
天気がいい日は外にいます。

状況に応じて壁の中に入ったりもします。
2
写真ではわかりにくいけど、
玄関の横の壁に穴(?)が開いていて、
ななちゃんは自在に出入りします。
消火用のバケツ(赤いの)に、
いつもきれいな水が満々に入っていて、
この時も飲んでました。


ななちゃんにはしっぽがありません。
4

飼い主さんのお話では

「なんか若い子が飼うてたらしいんやけど、
面倒ようみいひんかったから、
かまってもらえんで、ストレスで自分で齧ったらしいわ。」

どういう経緯でおばさんちに来たのだったか・・・、
ペットショップに返されたところを引き受けたんだったか、
知り合いの伝で引き受けたんだったか、
ちょっと忘れてしまいましたが・・・。

ななちゃんは、そんな過去のトラウマがあってか、
昔っから愛想なしなんですが、
かといって、人嫌いなわけではなく、
ちゃんとツボを心得てマッサージなどすると、
お尻をすりよせて、
「ここのあたり・・・」
「そうそう、その辺・・・」と触らせてくれます。

7
むっちりボディーのトランジスタ・グラマーだったななちゃんも、
ここのところ、少しスマートになってきました。
それでも、今でも、
長年のテリトリーたる私鉄線路の高架下の歩道を
植え込みのゴミ拾いをされながら歩くおばさんと一緒に、
てくてく、くんくんとチェックしながら、
しっかり歩いています。

5

だんだん歩けなくなっていく坊っちゃんと、
よちよち歩きで散歩をしていた頃、
歩けなくなって抱っこをして歩いていた頃、
いろんな人に声をかけてもらいました。

犬は人間より早く年を取る。

犬を飼いたいな、と思う人、思う子供、
ななちゃんや、
坊っちゃんを見て、
何か感じてくれたかな。
何か考えてくれたかな。






01:30 | 日々のこと。 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

やじうま。

先日、父親が、坊っちゃんのお墓用の穴をせっせと掘っていました。

坊っちゃんがいたら、

ふふ~ん

「なにしてんの~?」と、まとわりついていそうなシチュエーション。

ワンコって、「寄りたがり」と言うか、「野次馬」と言うか、
そんなところがありませんか?

坊っちゃんも、庭で誰かが作業をしていると、
「気になるー!」と、近寄ってきて様子をじーっと観察したり、
ちょろちょろまとわりついて邪魔したり。

呼んでもこない時もあるくせに、
花壇をつくっていたり、落ち葉を掃除していたり、と、
何かしていると寄ってくる。

例外は、水撒きで、ホースを持って、水を撒き始めると、
「避難、避難~っ」っと、ぬき足さし足で逃げて、
常にホースとは一定距離を確保、安全範囲から様子を伺っていました。
逃げる姿が、なんとも言えずかわいかった・・・。
かわい過ぎて、
たまに遠くから坊っちゃんのいる方に水をピューッとやってみたりすると、
(体を狙ってはいませんから~。)
これまた「受難・・・。」みたいな表情で、
タッタカタ~と逃げる姿が、なんとも言えず・・・かわいい。

ところが、ある日、その大嫌いなホースに近寄って来て、
ホースのから出る水を飲んでいたことが!
「なんで??」と思ったら・・・
夏の日差しですっかり干上がって、空っぽになっていた坊っちゃんの水入れ。
たぶん、水を求めて決死の覚悟でホースに近寄ったに違いなし。
そうとうに喉が渇いていたにょね・・・。ごめんよ・・・・。


ちら
写真の坊っちゃんは、たぶん4~5歳くらい?
写真に日付が入ってないので定かでない・・・。

たぶん、父親が庭の大改造をしていた頃の写真だと思われます。

写真から察するに、
じ~っ
道路と庭をふさいでいた板を取り外して

じぃ~っ
庭から外界が見えるようにしている途中。


ここから、坊っちゃんの社交家ぶりが発揮されるようになったのね。
ここが好き
フェンスにワイヤーを巻いて危険防止。

坊っちゃんが来る以前は、ほとんど放置でうっそうとしていた庭も、
だんだんスッキリしていって、
父が園芸(ガーデニングではなく、園芸)する傍らには、
それを眺める(邪魔する)坊っちゃん。

何か植えると、そこを掘り返す・・・みたいなイタズラも
ずいぶんしてたみたいやけどね。


納骨、いや、埋葬は、再来週くらいの予定。





03:07 | 日々のこと。 | comments (9) | trackbacks (0) | edit | page top↑

それまでと、それから。

13日の朝、目が覚めて、坊っちゃんを見ると、

呼吸が苦しそうで、

時計を見たら8時24分。

「暑いかな?」

口元をチョンチョンとつついてから、

ベビースプーンでポカリを流し込んだ。

ゴクンは、できなかった。

寝返りさせようと、坊っちゃんを持ち上げたら、

坊っちゃんの体の力が抜けた。

ひざの上、

いつものように、坊っちゃんの胸に手を当てた。

鼓動が、止まっていた。



願っていたように穏やかに・・・とは、いかなかった、

寝かせて、

心臓マッサージ、

名前を呼んで、

顔を叩いて、

マッサージを繰り返しながら、

人工呼吸、

一度は、鼓動が戻った。

指先で、必死に鼓動を感じようとした。

かすかに腹部が上下して、

呼吸、

一度、

二度、

三度、

それ以上は続かなかった。

願っていたように穏やかに・・・とは、いかなかった。

最後に、しんどい思いをさせてしまった。






しばらく、抱いていた。


お尻を絞って、うん様を出して、

ウェットシートできれいに拭いた。

オチッコも絞って、すっきりしたね。

口から、薄い茶色の液体が少し出てきた。

歯も掃除して、きれいにしとこうね。

体も拭いて、ブラッシング。


坊っちゃんの好きな左下で寝かせた。

涼しい日でよかった。


1時、父の仕事先に連絡した。

早退して帰って来た。



昼から、母と霊園の下見に行った。


家から車で15分。

静かな山の上。

お参りしてる人に話を聞いたら、

「ここは丁寧にしてくれるから、隣の県からでも来はるくらいよ。」って。

個別で火葬してくれるって。


次の日の、朝10時を予約した。


家に帰ると、父が祭壇を作っていた。

坊っちゃんをかわいがってくれたお向かいのおばさんと、

斜め向かいの6歳の女の子にお知らせして、

顔を見てもらった。

10時にも、近所のお姉さんが、坊っちゃんの顔を見たいと来てくれて、

坊っちゃんが食べ切れなっかったバナナを一緒に食べて、

12時過ぎまでお通夜に付き合ってくれた。

いつまでも坊っちゃんを撫でてくれた。

坊っちゃん、きれいなお姉さんが大好きやから、嬉しいね、よかったね。

2時過ぎまで、父親も坊っちゃんの傍を離れなかった。

酔っ払って、大変。 うるさいねぇ、坊っちゃん。

祭壇から降ろした坊っちゃんの横に布団を敷いて、

写真を、撮った、目も、耳も、鼻も、指先も。

半分の体重になるまで、がんばった体。

いつものように隣で寝た。

朝になって、

オチッコも、もう、出てないし、

お尻もにおってないし、

かっこいいよ。





霊園への写真が続きますので、見届けてくださる方だけご覧ください。

























車に乗りますよ。


かっこいいよ





















いっしょに





















かわいいよ






















ちゅう




















































おすまし
おすましして~。






















おすましさんで





















手、






















手




















・・・





















いいこ





















そら
10時25分・・・。





















ともだち
お友達がたくさん。

でも、うーちゃんはうちのお庭かな。 お父さんが、そうしたいんだって。





















ながめ
11時14分。 炉の音がやんで、 ” おりん ” の音・・・。 
ていねいにしてくれて嬉しいね。



















おかえり。
ちょこん
ちょこん。
坊っちゃんも、いっちょまえ。




















ゆり
 お部屋を片付けたら、ちょっとさみしいから、
坊っちゃんのいた場所に百合の花を置いたよ。
お庭に咲いてたやつ、わかる?




























01:11 | 日々のこと。 | comments (17) | trackbacks (0) | edit | page top↑

羽。

6月12日の朝、

” うー ” の背中に、羽が生えました。



励まし、応援、ありがとうございました。

” うー ” を 「 かわいい 」 と思ってもらって、

ほんとうに嬉しかったです。


たくさんの思いが、まだ、言葉になりません。






























ねんね





































いいこ

































さいだん






























『 勇姿 』

最後の最後まで、がんばった、ありのままの姿です。







にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
♪ Life of Each Senior Dog & Ranking ♪
    老犬・高齢犬ブログランキング




 
15:25 | 日々のこと。 | comments (36) | trackbacks (0) | edit | page top↑

かわいい。

いいこ~


いいこ


ねんね


ねんねん~


ね~んね~ん








にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
♪ Life of Each Senior Dog & Ranking ♪
    老犬・高齢犬ブログランキング




14:50 | 日々のこと。 | comments (17) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。